たどり着くのは自分に必要なこと

 2018-01-22
来月の中欧旅行に関連して、チェスキー・クルムロフという場所について調べていたら、「ロマ」という言葉を見つけました。

ジプシーという言葉には差別的な意味合いがあるそうで、それに変わるのがロマということのようです。ツィゴイナーとか ツィガーヌもジプシーと同じニュアンスなのではと思います。他のことを調べていたのに、気になることの行き着く先はは音楽に結びつくことでした。いえ、わたしが音楽に興味関心があるので、なんでもそれに結び付けて考えてしまうのでしょう(笑)。

「ツィゴイネルワイゼン」も「ツィガーヌ」もヴァイオリンでは有名な曲ですね。情熱的だったり激しかったり、わたしのようなあっさりしたそっけない弾き方では成り立たないような曲です。自分の中に情熱的な何かを探して掘り起こしている最中です(苦笑)。もっと血が騒ぐようなエネルギッシュな感じにならないものか…。(それ以前に問題山済みなのは承知していますが)

情熱的なそういう血が流れている人が弾いたらどんなふうになるのだろう?そう思って探したら、シャーンドル・ラカトシュ(Sándor Lakatos)という人のチャルダッシュをみつけました。(弾いている映像はありません)




でも、ラカトシュで検索すると出てくるのはこちらのロビー・ラカトシュ(Roby Lakatos)の方が多いです。さっきのシャーンドル・ラカトシュは彼の叔父さんらしいです。こっちのチャルダッシュ、もうすご過ぎて笑うしかない(笑)。




目をつぶってもう一度聞き比べたら、最初のシャーンドル・ラカトシュ叔父さんの方がとっても好き。ヴァイオリンを始めたころ「踊るように歌うように遊ぶようにヴァイオリンが弾きたい」と思っていたけれど、それはこういう音楽なんだよな~。今、その希望を取り下げた訳じゃないけれど、そんなふうに弾きたいと思うと同時に身体のどこかに緊張感が走るのを感じます。まずそこが違うのよ…。

ツィゴイネルワイゼンを弾いているのはありませんでした。他の、なんだか濃い目のお姉さんが弾いているのを見つけて参考にしています。いつまでたっても全然それっぽくならないので、この前のレッスンで先生がわたしに分かりやすい踊りや動きに例えてくださいました。何となくでも、ちょっとでも、そんな雰囲気でできるようになりたい。



今年最初のレッスン

 2018-01-12
昨日は今年に入って最初のヴァイオリンのレッスンでした。

年が明けてからは時間がふんだんにあるのですが、毎日ものすごく練習しているかといえば残念ながらそうではありません。頭のどこかで使える時間は全部練習に当てたらどうか?という非現実的な考えがチラリと浮かんだりすることがあります。でも浮かぶだけ(笑)。結局忙しくてもそうでなくても、練習できない自分にちょっとガッカリしています。

それでも、解読が難しかったクロイツェル38番はなんとか最後まで音にできました。先回のレッスンで「もし無理でしたら途中まででも(^^)」と先生が言ってくださったのを覚えていて、ほんの数日前には途中までで諦めていたのだけど、もう少しだけ進めてみようと思ったらそれまでの繰り返しが多く、ぎりぎりセーフで間に合いました。

「時間があってもそれほど練習できません…」と自分の残念さをお話ししたら、「(一日中練習しろと)昔のヴァイオリンの先生みたいなことはあまり言うべきではなくて、人生はヴァイオリンだけではないわけで(^^)」「ヴァイオリンの先生がそんなこと言ってはいけないかもしれないけれど、そう思います(^^)」と言ってくださいました。

わたしがこれからヴァイオリンを職業にしていくかもしれない若い人だったら、違う言葉を掛けてくださるのかもしれませんが、現状に即した現実的なものの見方をしてくださってありがたいです。もちろん、「一日中練習するんだー!」と頑張ることを止めはしないと思います。でもその心配はなさそう(笑)。

引き続きツィゴイネルワイゼンもやっています。「楽譜通りに弾く」というのとは少し違うこの曲を、楽譜通りに弾くことがままならない自分が弾くことは難しいのです。でもそれはどういうことかを理解できて少しでもそんなふうに弾けたら、何か自分の世界が少し広くなるような気がするのです。そのための練習課題のような気がします。

夕方になったらすっかり寒くなって、レッスンの前にはそれなりにでも頑張ってはいるので少し疲れてお腹も空いたので、鏡開きのお汁粉を作りました。あったまって足の先までポカポカになりました~。


201801121858507e5.jpeg    20180112185852732.jpeg



調べものの毎日

 2018-01-10
あっという間に今年に入って10日経ちました。お正月はもう遠くのできごとのよう。今年のお正月はあまり正月らしくない過ごし方でした。年末からずーっと来月の旅行について知りたいことを学ぶ毎日を送っています(笑)。

2月の中旬にオーストリアとチェコに行きます。ひとりで好きなように行けたら良いけれど、不慣れだし言葉もできないので旅行会社のツアーに一人で参加します。今まで行ったことのある海外は、ハワイのマウイ島、韓国、グアムというわたしにしてはすごーく一般的な場所だけです。ヨーロッパは好きに決まってるけれどなんとなく憧れの遠い地でした。

昨年岐阜城や犬山城、名古屋城を尋ねた時に、日本のお城も好きだけれどヨーロッパのお城はもっと好きだろうなと思ったり、本屋さんで見つけたヨーロッパの愛らしい街や村の写真集を買っていたり、まあいろいろ伏線はあったのです。普段、舞台の裏方の仕事で、宮殿やら庭園やらヨーロッパの村や街のセットには馴染みがあるのに、実際に行ったことがありません。

今年に入ってしばらくはとても暇な時期で、いつか一緒にヨーロッパ旅行をしようと話していた友達に「ひとりでも行ってくれば?」と言われたことと、オフシーズンなので割安で行かれることもあって、急にその気になりました。行き先は、写真集にあったチェコの「チェスキー・クルムロフ」という可愛い街に泊まるツアーで決めたら、結果ウイーンやザルツブルク、プラハも行くことになり、わたしの好きなドヴォルザーク以外にも、モーツアルトの足跡をたどるような旅行になりそうです。

旅行の基本的なこと以外に、チェコ語がとても気に入って少しでも話せるようになりたいのと、歴史や建築や宗教や文化、とても広い範囲のことを次から次へと知りたくなって、毎日ずーっと本を読んだり調べたりして過ごしています。広範囲すぎて深く理解するところまでは行かなくても、知りたいことを分った上で、行った先ではそれを全部忘れていろいろ感じてみたいと思っています。

ヴァイオリンのほうは、難しいクロイツェル38番を解読していて、やっては忘れ、またやっては忘れを繰り返しています。やっと覚えても指が言うことをきかなかったり、ん~、困難です。レッスンなのに全然課題ができていない恐ろしい夢をみたりして、夢で良かったと思ったけれど、それが正夢になりそうで焦ったり(笑)、相変わらずいつもと変わらないですね。

毎日頭ばかり使っているので、先日牧野記念庭園(練馬区)へシモバシラにつく霜柱を期待して、寒い日に出かけてみました。空振りだったけれど、冬の庭は静かで澄んだ空気でした。


2018011010273686f.jpeg     2018011010273753f.jpeg



新しい年

 2018-01-01
あけましておめでとうございます。

大晦日の夕方から息子が出かけて、初めてひとりで過ごす年越しとなりました。気になることの調べ物をずーっとしてしまい、またご飯を食べるのを忘れ、今日も午前中からその続きをやっています。まったく区切りという感じの無い新年になってしまいました。ひとりでお雑煮食べるのもなんだし…、そういえばまだポストへ年賀状を取りにも行ってない。

そんなことをやっていますが、今年は生まれて初めて初日の出を見ました!今まで元旦は日が昇ってから起きるのが通常でしたが、なんとなくそんな気分になりました。自宅のマンションの屋上からですけどね。大規模補修中で足場に囲まれていますが、その隙間から綺麗な太陽が見えました。


20180101163125194.jpeg



毎年、新年を迎えるたびにうっすらとした目標を考えています。昨年は「一人で生きていくと決めていたのを撤回する」でした(笑)。そう思ったら、今特定のパートナーはいなくても、わたしは一人ではなくたくさんの人にお世話になって助けられてここまで来たのだなぁと実感する出来事が多くありました。周りの方たちの優しさを感じながら、わたしも人に優しく、自分にも優しく接していきたいと思っています。

それだけでなく、今年は自分をもっと楽しませてあげようとも思います。楽しむことを禁止するクセをやめる(笑)。(←少しそういうところがあるのです。)今年の2月に海外へ旅行へ出かけることになりました。2週間くらい前に決めたことで、急に海外旅行だなんて自分でも意外だけど、そんな流れを大切にしてみます。

日常ではいろいろありますが、ここ何年かは元日はいつも明るい気持ちになります。やりたいことや目標はあっても、ここまでの道のりにはとても満足していて悔いはありません。わたしのことだからいつまでたってもやりたいことは次々に生まれて、やりたいことを全部終えて人生を閉じるようなことにはならないだろうと思います。終わらなくても無念ではありません(笑)。

今年が誰にとっても明るく穏やかな一年でありますように。



一区切りついたような気がします

 2017-12-30
27日に今年最後の仕事が終わり、翌日はたくさん寝てボーっと過ごし、昨日は神経内科の診察の日でした。今月は終わりの方はかなり疲れてしんどいな~と感じていた一方で、肩は相変わらす関節が離れ気味で装具をしているものの、疲れてもさらに悪くはなりませんでした。

ここには書きませんでしたが先月の終わりに久しぶりに神経の検査をしました。その時に、先生が「これなら良くなると思いますよ。」と言ったのです。「良くなる人もいるし悪くなる人もいる」「この病気は…ね。(難しい)」と言われてきたので、ついうっかりそんなことを言ってしまったのだろうと思って聞き流していました。

昨日改めて筋力や腱反射を診て検査の結果と合わせて「だんだん良くなっていくのではないかと思います。」と言われました。肩が脱臼しやすいことやリハビリの成果が出ていないことは自分が一番良く知っていて、どうなっていくのかな…と思ってはいるけれど、「良くなる」と言われたその言葉を選んで、そうなっていこうと思います。

久しぶりにヴァイオリンの練習を少しして、ツィゴイネルワイゼンの好きなフレーズも弾きました。先日ボスのマニアックなバレエの踊り方の話を聞いてから、ある人がわたしの頭の中でそのフレーズを踊るようになりました。その人だったらこんなふうに踊るに違いない。それをわたしはヴァイオリンで音にするんだ。楽譜に書いてあるアクセントも強弱も、全部その通りの踊りになっているから、ただそれを弾けばいいのです。

誰に教わったのでもないわたしだけのやり方だけど、ようやくそれが少しできる段階に来たのかもしれません。踊るように弾くというずっとやりたかったことが、これからできるようになっていきたい。

穴の中から少し明るいところへ出てきたような…。ああ、「トンネルから出てきた」というのはこの感じのことを言うのかもしれませんね。これまでと何かが大きく変わった訳ではないし、はっきりとした区切りがついたのでもないけれど、これが新しい段階の始まりだったら嬉しいです。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫