ゆるキャラ風主治医先生

 2017-03-07
3・4年前からお世話になっている神経内科のゆるキャラ風主治医先生。
時々左手が動かしにくいかも?肩が緩くなってきているかも?と感じてもそのまま持ち直すことが多くなって、今は2~3ヶ月に一度の受診になってきています。

診察室のドアを開けると先生がジッとこちらを見てわたしの言葉を待っている。「大丈夫です。(^^)」「そう?大丈夫?!」「はい!大丈夫です♪」最近はずっとこのやり取りを繰り返しています。それに続いて「前はけっこう大変だったもんね。(^^)」という言葉が続きます。先生が電子カルテに入力している様子を見ながら、やっぱりゆるキャラっぽいよな、そういえば横綱になった稀勢の里にも似ているよね…なんて改めて思った。

通常通り先生と力比べをして左が弱いけれど現状維持できているのを確認して、でも左肩が今までよりも前にズレてきているのを話すと、「一度整形で診てもらう?」と珍しい提案をされました。何か新しい展開?と思っていたら、先生は4月から別の病院へ移られるとのことです。新しく担当になる先生の予約を入れてくれました。以前に神経の検査をして下さった先生の後輩だそうです。

ゆるキャラ先生にくっついて行きたいけれどそういうわけにも行かず、今回でお別れになりました。最初はコワイ顔をしていた先生がいつのまにかゆるキャラのように見え、大変だったり辛いと感じる時にも助けられました。深刻さから逃れたいわたしの気持ちに付き合ってくださって(もしかしたらノリがいいだけかも?)、おかげさまでそういうものは過ぎ去っていきました。この調子なら、多分もう大丈夫なのではないかと思っています。

整形外科の肩専門の先生に診てもらい、念のため更に詳しい検査をするのと、大学病院のリハビリは入院時専用なので他を紹介してもらい、もっと上手に動かせるようにリハビリ(筋トレかな?)をすることになりました。先日の映像を見たらヴァイオリンを弾く姿がやはり前とは違っているので、元に戻せたらいいな。

ゆるキャラ先生の置き土産(笑)を無駄にしないように、積極的に回復への道を進みたいと思います。春になりゆるキャラ先生から離れて、わたしも少し新しい段階へ入るのだな。

先生が体調不良でしばらくお休みして復帰された時、診察室のドアを開けたらニコニコして座っていた姿を思い出します。ビックリしたけれどとても嬉しかった。今までありがとうございました。



準備いろいろ

 2016-10-26
明日は母たちのお誕生会です。
いろいろ内容を詰めていくと、母たちのお誕生会と言いながら
なんとなく「娘たちのお楽しみ会」みたいだね~、という様相になってきているような?
プログラムをザックリ決めたけど、お楽しみがほんとにたくさん♪

しかしながらいつも音信不通気味の娘としては、
こんな時だけ「母のために」というのは微妙な感じもあるので、お楽しみ会で良いかも。

わたしはフラのよりちゃんと一緒に愛しい曲と、
母へ向けて1曲、ひとりで弾くことになっています。
お客さんに見て聴いていただくための踊り、演奏というのではなく、
自分たちがただやってみたいから、というものなので失敗というのはありません。
やる時点で、もう成功だから(^^)。

いつでもこんな気持ちでできたらいいな。
何で他の時はこういう気持ちでできないのだろう。(笑)
いざ本番になったら、また思うことが違うかもしれないけれど。

母が着るものがない…というので、若干悩みながら服を選んだり、
(買ってきて~と言われても、本人がいないところで選ぶのは難しいのです)
その他こまごまとしたことを決めたり。

そういえば、わたしは母と一緒に人前に出るようなことはこれまでありませんでした。
その昔、いわゆる結婚式というのはやらなかったし。
(ドレスを着て写真を撮って、パーティーもしたけど)
なので、「母です~」とやるのが嬉しいような恥ずかしいような。

これから来月にかけていくつか計画があって(笑)、今ちょっと忙しくなっています。
ヴァイオリンも他のことも、ずーっと停滞期のように感じているけれど、
計画や演奏の機会があると、少し前に進んでいるんだと感じられますね。

明日は、お楽しみ会 お誕生会、楽しんできます。


___2016102617403895b.jpg  母の家のまわりに咲いているコスモス



仕事の合間に思うこと

 2016-08-05
このところ平日でもバレエの発表会などあって、曜日の感覚がおかしくなっています。
うっかり日にちを間違えてしまわないように、
手帳とカレンダーを見比べて予定を確かめています。(笑)

周りからは過ぎたことはあまり気にしない人と思ってもらえているようだけど、
実際には反省モードになることが多い、結構グジグジしたところがあります。

仕事の中では上手くできたことや嬉しい瞬間もあるのに、そうしたことはすぐに忘れて、
グジグジポイントに自分を引き戻して、何度もそれを味わいなおそうとするクセがある。
相変わらず自虐的ですね…。(笑)

この前、グジグジの途中でそれに気がついた。
戻るのやめればいいだけです。戻るならグジグジじゃなく良かったことに戻れば?
グジグジ脳内再生禁止令。

休みの日は元気回復のためにたくさん寝たり食べたり、ボンヤリしたり。
ヴァイオリンは、休みの日は少しだけでも触ります。
クロイツェルの譜読みがどうしても進まないけれど、他のことは時々すごく頑張ったりしています。(笑)
で、また数日あくと振り出しに戻る…。

このところ「ドン・キホーテ」がとても多かったのだけど、明日からは「くるみ割り人形」です。
ミンクスよりもチャイコフスキーの方が好きです。



ぐるぐると良い循環

 2016-07-23
忙しい時期と言いながら、週末なのに今日は家です。
明日からの仕事の準備をしています。

わたしの裏方仕事についてはいつもムニャムニャと言葉を濁していますが(笑)、
先日、年に数回あるかないかの舞台監督を請け負いました。

一度自分から辞めたこの役割を、再び仕事に戻ってからはやらないと決めていますが、
近しい関係のスタッフさんから依頼されて引き受けているものが、少しだけあるのです。

普段、助手専門と決めているからか、
「自分の担当はここまで」と線を引いていることにも、改めて気づきます。
舞台監督という時には、(当然ですが)いつもは気にかけないことにも気が回って、
立場が違うとはこういうことか…と、身を持って、ちょっとの驚きと共に感じました。(笑)
まあ、以前はやっていたことなのだから驚くことじゃないけれど。

不備なく終わらせることはできるけれど、
舞台監督という仕事そのものには、今は喜びはありません。
助手の方は、それなりに喜びや楽しさはあるのです。
インカムに繋がれているより、あちこち動き回っている方が好き。
細かいことをいろいろやって、わたしがいることで物事がスムーズに回っていく。

助手の仕事は舞台の上で進行することだけでなく、出演者に関わる部分も多く、
発表会であれば、生徒さんにとって嬉しい舞台の体験になるように、
お手伝いしているお母さんたちが困らないように、動き回っています。

主催者であるバレエの先生には、舞台の上のことと同様に、
スポンサーであるご父兄が満足することも大切で、(わたしはそこに貢献しやすいのです)
わたしを雇った舞台監督さんに仕事を依頼して良かった…となるんだ。
で、また次回もわたしに助手を頼もう…と、ぐるぐると良い循環になるのです。

久しぶりに舞台監督をやって(助手はいませんでした)、
普段の自分のやっていることの価値が良く分かった気がします。
求めに応じて働かせてもらうというスタンスで、消極的でいつも若干逃げ腰だけど(笑)、
目の前のことを丁寧に、楽しみながら取り組みたいと思っています。



新しい提案

 2016-06-13
髪を切りに行きました。
タイミングを逃してだいぶ伸びてしまっていました。

いつもお任せで切ってもらいます。
「では、今日は夏バージョンで!」と言ってスッキリ仕上げてくれました。

「髪型に自分がだんだん合ってくるのが面白いんです。」
「あ~、わたしこんな面があったんだなぁと思ったりして。」と話しました。
「それはね、ボクには少し先の姿が見えるんですよ(笑)」と巨匠。

先が見えているかどうかは分からないけれど(笑)、
切ってもらっておしまいではなく、その後もやり取りが続くような感覚です。
「こんなのはどう?」「あなたにはこんな一面もあるんですよ。」といわれているようで、
それならば、そんな気になってみようかな~と、
着てみたい服の傾向が変わったりします。(普段は同じような格好ばかりしていますが)

ヴァイオリンのレッスンもそんなところがあります。
課題を見てもらって良くないところを教えてもらうということだけでなく、
毎回、何かしら提案や考えることを受け取っています。
「それで、わたしはどうするの?どう弾くの?」と次のレッスンまでやることになる。

「自分が思いつくことは神さまからの指令(笑)だと思っている」と以前書いたことがありますが、
指令やご提案が多くいろいろと思いついてしまうので、なかなか全部はできません。
保留にするもの、とりあえずやってみるもの、時間をかけて用意するものなどに分かれます。

新しい提案は、いつも何でも受けて立つのです(笑)。
新しいこと、変化していくこと、体験したことのないものが、かなり好きなんだなぁ。
毎日同じような日常でも、頭の中で考えていることは毎日違っていますよ。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫