FC2ブログ

すっかりレッスン日記になっています

 2019-08-09
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。
このところ更新が滞ってしまって、レッスンの報告日記のようになってしまっていますね。日常で何か特別なことがあったというのではなく、夏の暑さと、夏の仕事と、一連のどこへ向かうのかわからない自分とのお付き合いのせい(笑)です。

先月のレッスンはわたしの調子が満足ではなかったのですが、今回はほぼ復活していつものヴァイオリン(相棒くん)でレッスンを受けました。日中ヴァイオリンを持ち歩くのはちょっと心配でしたが、ちょうど日が陰ってきたタイミングで炎天下を歩かずに済みました!

今月末に、1曲だけヴァイオリンを弾かせてもらう機会があり、それをみていただきました。少し左手の指が動かしにくくヴィブラートがなぁ…と思っていたら、じっくりとヴィブラートの練習に時間を取ってくださいました。ヴィブラートや音程の改善だけでなく、自分で弾いていてなんとなく落ち着きが悪いところ、違和感があるところを、すっきりと整理してもらえました。ほんのちょっとした間の取り方や、膨らむところ、しぼむところ、提案されたように弾くと、「そうです、こうやりたかったんです!」と思いました(笑)。

これからもそれほど熱心に練習できる日程ではないので不安はありますが、今日までもそんな調子で、それでも思ったよりも酷くはなかったので大丈夫だということにしましょう。先生にも「練習の最後のように弾ければ、普通に聴ける演奏です(^^)」と言ってもらえました。先生が言う「普通」というのは、わたしにとっては最上級クラスの褒め言葉です!そのように弾けたら良いな。

駅から先生のお宅までの途中の商店街では、いつもはお花屋さんに目が行くのに、八百屋さんのナスやトマトが大盛りで安くて美味しそうでした(笑)。ヴァイオリン持っているし、帰りの電車は混雑するので買うのはやめましたが。

暑さはピークだろうけれど、もう立秋を過ぎました。夏休みにどこかへ旅行へ行くのは息子が小さかった昔のことで、今は夏らしいことをする機会がありません。夏が終わる前にスイカやカキ氷は食べたいな。


20190809222118586.jpeg  先日食べた日向夏のくずきり



妹ちゃん(もうひとつのヴァイオリン)を持ってレッスンへ

 2019-07-21
先日の木曜日、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。

内面がふらふら・ゆらゆらしているなぁと思っているうちに、身体も次第にそうなってきてしまって…、軽い方のヴァイオリン(妹ちゃん)を持って出かけました。こっちの方が少しだけ軽くて小さくて、でもその少しがかなり大きな違いに感じられます。

普段は控えの選手(?)として、消音機をつけて弾くか、ヴァイオリン体験で弾いてもらう時(これが買った本来の目的)、煮詰まって気分を変えたい時など、活躍の場が限られているので、レッスンに出かけるのは嬉しいに違いないです。久しぶりに弾いたら、わたしの状況とは関係なくのんきな明るい音がして(まあ煮詰まっている状態とも言えなくはないので)、気持ちが明るくなります。

先生に久しぶりに対面して「かなり良い音が出るようになっています(^^)」と言ってもらえました。良かったね!!いつでもわたしの状況と関係なくのんきな音がすること、いつものヴァイオリン(相棒くん)よりも音程が分りやすいことをお話しすると、それはやはり良い楽器とそれほどでもない楽器の違い、とのお話でした。

「良い楽器は弾く側がやったことに敏感に反応するもの(^^)。」そうですね。だから相棒くんとは、上手くいかない時には一緒に調子が悪くなってしまうように感じるのです。弾く人がわたしなので仕方が無い。でもほんのたまに、良い音がしている!と思う時には本当に幸せな気持ちになる(妄想世界に行っているだけかな?)。

妹ちゃんの方が音程が分り易いというのは、音がシンプルだから(笑)。良い楽器の方が周波数帯が広いので分りにくいのです。消音機をつけたときに音程が分りやすいのと同じことだそうです。何となくそう思ってはいましたが、改めて明確に説明していただいてよく分りました。

先生はいつも、わたしのヴァイオリン(相棒くん)を良い楽器として話をされて、とても嬉しい。クラシックの音楽を弾くためのヴァイオリン。わたしのような人がひとりで演奏しても楽器の音に力があるので助けられます。妹ちゃんはそれにはもの足りないけれど、他の楽器とクラシック以外の音楽をやるには適しているし、録音したらこっちの方がヴァイオリンらしい音に聴こえるかもしれません。

力の入れにくい左手を過度に押さえようとすると苦しい音になる。力を抜いてそれなりに弾けば穏やかな音です。そういうことなのですよ、何でも。わたしなりに自然に無理のないように。このところそれを探して復元作業をしていたのでしょ。大変なことも難しいことも無い、ただ慣れていないだけです(笑)。

レッスンではかろうじてカールフレッシュの課題の音階はみていただいて、あとツィゴイネルワイゼンを少し。左手に余計な力を入れないで後半の速い部分を弾くための練習。すぐにピキッと余計な力を入れようとしてしまいます。なかなか慣れない…。
次回のレッスンには通常モードに復活していたいと思います。


20190721182945a3a.jpeg

梅雨も明けず、天気が悪いのが幸いしてか、ベランダのバラは2度目の花盛りです。



夜にレッスンへ

 2019-06-27
昨日の夜、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。
普段は昼間の時間に行っていますが、昨日は夜の最後の時間帯。駅からの路沿いの花屋さんも八百屋さんももう閉まっていて、ちょっと寂しい。

ヴァイオリン、いい音がしているかも?と思ったそばから、また左肩の調子を悪くして幻になってしまいました。もともと自分の妄想だったのかもしれませんが、先生に評価してもらえず真実の程はわかりません。肩のことは自分でもまたと思うのだから、先生もまた?!と思っているに違いない…。「観察するのが仕事ですから(^^)」とおっしゃる通り、自己申告する前からわたしの様子があやしいのですぐに悟られてしまいます(苦笑)。

調子が良くないこと、うまく弾けないこと、ああ、まただ…と自分で思っていることなど、後ろ向きな気持ち一杯で弾いたら、やはりショボショボした音になってしまいます。「こちらの弓をお試しください(^^)」と、すぐに先生からご自分の弓の中の一本を手渡されました。おお、重たい…?ハッキリとした大きな音が出て、気分がサッパリしました。

時々、もっとこうして…と言われるよりも、物理的な方法で教えて下さることがあります。頭の中で鳴っているショボショボな音を、違う弓を使って張りのある音に変えることで、自分の弓に戻っても張りのある音が出るようになる。最初、自分の弓で弾いた時、圧力不足でカサカした音になっていたので、重ための、でも滑らかな音のする弓を貸してくださったそうです。音が改善されてから教えて下さいました。

カールフレッシュの音階、G線のハイポジションは肩が怖い&痛く苦しまぎれに弾いて、音程が怪しいと頭の中の音も更に怪しくなりグダグダしてしまう。G線に限らず、半音ずつ上がって下がる音階はどの弦でもやる度に違ってしまいます…。身体がどうのではなく、やはり頭の中の音程の問題です。

レッスンへ行くと、ヴァイオリンやわたし自身が適正な状態に調整してもらっているように感じます。もちろん肩が急に治ったり、相棒くんがグァルネリになったりはしませんが、その日の状況で一番良い加減にしてもらって帰ってくるように思います。レッスンの最初よりも普段に近い音が出て、安心した気持ちになって、落ち着きました。

別に先生は怪しいことは何もしていませんが、なんだか不思議。ありがたいです。



201906271348440d8.jpeg

シクラメンは冬の花ですが、うちのコ、6月になってまた咲き始めました!



バロック時代はどうだったのだろう?

 2019-06-14
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。梅雨の晴れ間の一日で助かりました~。肋骨のことはほとんど気にならなくなり、今はまた肩当てをして練習をしています。

レッスンの前に、今月に入ってから放送大学でバロックダンスの授業を受けて感じたことや分かったことなどを先生に報告しました(笑)。バロックダンスについてはたくさん発見や納得することがあり別の記事で書いていたのですが、途中で消えてしまったので挫折しました(苦笑)。

バロックダンスはバロック音楽と深い関係があり、メヌエットやガヴォットやアルマンド・クーラント・サラバンドなどは調べると舞曲と書いてあって、ではそれはどんな踊り?と思っていたのです。全くの初心者相手の授業なのでとても全部の踊りはできませんが、メヌエットやガヴォットは習い、音楽についても知りたかったことが少しだけ分かったような気がします。
分った気がすると言っても、教えてもらったことに沿って自分の中でいろいろと関連付けられるだけで、ヴァイオリンの先生が言うような「実際のところはどうだったのだろうか?」という考察には、自分はまだほど遠いのです。

バロック音楽やヴァイオリンの改良について一般的に言われていることが、果たして本当にそうだったのか?ビデオも録音も無い時代のことで、バロックダンスは当時の文献や舞踏譜を元に復元再現しているそうですが、ん~本当はどうだったのかなぁ…。ヴァイオリンは当時の楽器や弓が今も残っており(ストラディヴァリやグァルネリやその他…)、「そういうものがいろいろなことを教えてくれるのでは?(^^)」とのお話でした。

楽器も弓も、当時求められていた音楽ができるようにつくられているはずで、楽器や弓からそれを知ることができるのではないか?わたしはバロックヴァイオリンの奏法に詳しくありませんが、当時の楽器と弓で、その頃はこういう奏法だったとされている弾き方をしたら良い音が出るはず。実際のところどうなのかはわたしにはわかりませんが、当時の楽器や弓が語ってくれることはたくさんあるのだろうな。

バロックダンスの授業でも音楽やヴァイオリンについて話しがあったけれど、習っているヴァイオリンの先生のお話しの方がわたしには興味深いです。まあ当然と言えば当然です。だからなるべく頑張ってカールフレッシュの音階もやっています(笑)。


20190614231240e9e.jpeg

晴れた日のアジサイは色が鮮やか



肩当て無しも悪くないかも

 2019-05-30
今日は久しぶりのレッスンでした。先回、もともと仕事の都合で1ヶ月空けてあったレッスンをお休みさせていただいたので…。

肩当て無しで弾くことは以前も試したことがあったけれど、弾きにくく感じて本当に少し試しただけ。今回は必要に迫られて始めたことですが、本気でやってみると発見があります。

わたしが肩当てを使わないのに合わせて、先生も「この方が分りやすいですから(^^)」と、肩当を外してレッスンをしてくださいました。恐縮です。以前、左腕を上げるのが難しくなった時に姿勢を変えて弾いたことがあったのですが、その時もわたしの態勢と同じようにしてレッスンをしてくれたこともあります。

肩当て無しのメリットはヴァイオリンの位置を自由に変えられることで、それは自分でも数日間で実感できました。他には、自分の場合は首の力をあまり使わずに済んで、楽です。それから、アゴで深くヴァイオリンを挟める(今使っている肩当てとアゴ当ての都合でいつもは浅めになっている)のでコンパクトにいろいろやり易くなる。

左手はヴァイオリンを支えながら動かすことになり、少し不自由な気がしますが、弦とポジションによってあまり変わらず弾けるところ、むしろやり易くなるところなどあって、不自由とは限らないです。左手が動かしにくい時には難しいかもしれませんが、今はまずまず動きは良いので大丈夫です。

左手のポジション移動は、肩当てをしないことで左手をなるべく指板から離さずに慎重に移動させていることに気が付きました。音程も頭の中でいつも以上に意識して弾かなくてはと思ったら「そんなに悪くありません(^^)」と言ってもらえました。いつもが乱暴な動き&テキトーな狙いだったのだな(苦笑)。

どこかに不具合がある時の方が、普段より慎重になって上手くできることがこれまでも何度かありました。何でもない時には自動操縦的に、雑だったり力でやってしまったりするみたいです。上質な自動操縦ができれば言うことありませんが。

これから少しの間はコンスタントに2週間おきのレッスンです。2週間では練習期間としてはギリギリで頑張らないといけませんが、今回のように空いてしまうのも元気がなくなり煮詰まります…。またチマチマ地道にやります。



20190530223917c27.jpeg

今年はベランダのミニバラにたくさん花が咲いています。毎日眺めて幸せです。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫