FC2ブログ

「メダルあげます」

 2016-02-16
先週末のライブのリハーサルも無事に終わり、
今の路線でもう少し練習を進めればよいとの見通しが立ちました。

わたしが参加するのは1曲だけですが、
リハーサルの最初から居させてもらって、他の曲もぜーんぶ聞かせてもらいました。
ヴォーカルの浮揚さんもピアノの安達さんもすごーい!
打ち合わせしながらそれがすぐに音になって、天才的です。

聞いた中に「メダルあげます」という歌がありました。
「おかあさんといっしょ」でやっていた歌のようです。
浮揚さんには1歳のお嬢さんがいて、昼の会には小さなお客さん達がたくさんきてくれるみたい。


おひさまさんメダルあげます
あなたはきょうも ぼくらをてらしてくれました

おべんとばこさん メダルあげます
あなたはきょうも おいしいごはんはこびました

おかあさん メダルあげます
あなたはきょうも いっぱいえがおくれました

ちきゅうさん メダルあげます
あなたはきょうも みんなをのせてまわりました  (抜粋)


わたしはどうも、だんだん小さい子どもにかえっていってるみたいで(外見は除く)、
この歌がとっても気に入りました。
夜寝る前に一日を振り返って自分にもメダルあげよう!と思ったりして。

昨年、自分を大切にしてあげる、自分に根気良く付き合ってあげることにしたはずが、
最近はまた自分へのダメだしが厳しくなってきています…。
(ヴァイオリンのことじゃないのです)

久しぶりに好きじゃない自分に出会って、あ~あ…とモヤモヤしていました。
ものすごく不自由な気持になって、でもそれもわたしなんだ…と。
なんだかなぁ…。またもやドンヨリする…。

もはや趣味かもしれない(?)ドンヨリから抜けられなくなりそうに思ったけれど、
この「メダルあげます」を思い出しました。

なんだか、ちょっといつものわたしに戻った気がします。

どんな歌か聴きに来て!と言いたいところですが、これを歌う13時の会はもう満席だそうです。
子どもたちとこれを聴くの、楽しみですー!
ん?わたし、お客さんじゃなかった。(笑)



妄想が足りない

 2016-02-02
去年の11月に何となく思いついて、時々練習している曲があります。
わたしにとって、特別な思い入れがある曲ではないのだけど。

こんなふうに思いつくのは、誰か聴きたい人がいるんじゃないか?
録音して、その誰かが見つけられるようにしないと。
かなり前からそう思ってはいるけれど、なかなか重い腰が上がらず…。
本当にそんな人いるのか?とも思うし(笑)。

試しに録音してみたけれど、
あ~あ、やっぱりわたしヴァイオリン下手だなぁ…と、今更ながら思います。
すっかりイヤになって、またもやドンヨリしています…。

上手な演奏じゃなくても何かを伝えることはできる。
そういう嬉しい体験をさせてもらったことがあったけれど、
これがそういう曲になるにはまだまだ練習が、というより、妄想が足りないんだと思う。

先日のオーチャードではドビュッシーの『牧神の午後への前奏曲』もありました。
バレエの仕事でよく知っていて、わたしの妄想の世界ができあがっている曲です。

この日の演奏は、ずーっと平和なけだるい午後…のような感じでした。
わたしの妄想世界の『牧神…』は、もっともっとスリリングで、
まどろみや夢の中で自分が誰なのかも分からなくなってしまうくらい官能的な何かです。
自分の中のどこからこういう言葉がやってくるのか分からないけれど(笑)、
音楽を聴いた時にだけ、わたし、そういう世界の住人になります。

そんなふうに何でもいいから妄想が生まれて、それを音にしようとたくさん練習したら
未熟な技術でも何かが伝わる演奏になるのかもしれないなぁ。

しばらく熟成させたら良いのかな。
そこから派生して思いついたこともあるのだけど、
果たして自分にできるのか?と、ものすごく弱気になっちゃいました。
しばらく寝かせてから、また考えます。ん~。



新年早々ドンヨリします…

 2016-01-04
年末はあまりヴァイオリンの練習ができませんでした。

年明けからは気を取り直して通常通りに練習しています。
先回のレッスンで時間切れのため持ち越しになったクロイツェル8番。
ん~、移弦が上手くできません…。
この段に及んで今更ですが、どの弦を弾いているのか意識不明になる時がある。

もうひとつのトリルシリーズは22番まで終わり、
トリルシリーズ最初の15番の2巡目に入ることになりました。
一度やったので何となく覚えていても、これもかなりやり直しの感があります。

クロイツェルを練習して、わたし、何とかなるのだろうか…と、元旦早々ドンヨリしました。
クロイツェルがすらすらと弾けるようにはならないかもしれないけれど、
これをやることで、他のもう少し難しくない曲が上手く弾けるかもしれないのだから、
やる意義は充分にあると、今は思えるようになっています。

しかし、ドンヨリするんですね…。

音楽は人との優劣を比べるためのものではない。
けれど、どうしても自分の未熟さばかりが気になります。
相当未熟なのだから当たり前のことなのだけど。

誰かと比べて上手だと言われなくても、自分が思ったような音が出せるようになりたい。

練習の後、ケースに相棒くんをしまっていたら
「…だから諦めないで。」と去年言われた言葉が頭に思い浮かびました。
たまにはこうしてドンヨリするけれど、
自分が望む音が出せるようになりたいというのは諦めないよ。



__ (22)

相棒くんのラベルが写った 本物じゃないけれどストラディヴァリのラベルです。



大荒れの嵐でした

 2015-09-24
来月の会のことでジタバタ、グルグルしていました。
久しぶりに大荒れの嵐がやってきた。
独白のような内容ですが…、良かったら読んでください。

会のお知らせをするたびに、心のどこかにモヤモヤとしたものを感じていました。
心の底から「どうぞ来て下さい!」と言えない何か。
「自分のヴァイオリンは聞いてもらう価値がない」
練習の合間に、わたしがそう思っていることに気が付いてしまった。

今までなんとかそれを否定しようと、それを自分に隠そうとしてきたけれど、難しかった。
「価値があると信じている」とは、価値がないと思っているから出てくる言葉です。

普段、練習途中の休憩では出しっぱなしにしている相棒くんを、ケースにしまった。
会のための練習をそのまま続けることはできないから。
自分で価値を認めていないものを、お金をいただいて披露するわけにはいかないのです。

とても悔しくて、悲しくて、情けなくて、
どうしたらいいかわからないと、声をあげて泣きました。

会を中止にしようか?自分が良いと思っていないのに会をやることはできません。
まだお申し込みは少しだし、日にちも差し迫っているというほどでもないし…。

気持ちがそう傾いたとき、それまでよりも、もっと大きな悲しさがやってきました。

いつも、自我の強烈な批判の声に消されてしまうけれど、
心の本当の本当のところでは、わたしは自分が奏でる音楽を愛している。
隅っこの方に追いやられて小さくなっているけれど、それは絶対に確かなことです。
その気持ちがないがしろにされて泣いているんだ…、と分かりました。

でも、どうしたらいいのか分からない…。

しばらくそのままその気持ちの中にいたら、
「自我の言うことに耳を貸さないで、
 相棒くんから出てくる音だけを聞いて、自分の中に流れている音楽だけを聞いて。」
と心に思い浮かびました。

しばらくして、ようやく気持ちが落ち着いたので、
もう一度ケースから相棒くんを取り出して音を出してみました。
余計なことを考えない。
どんな演奏であっても、わたしはわたしが相棒くんと奏でる音楽を愛している。
それよりも大切なことなどないと、ようやく思えました。

自分の本当の気持ちをないがしろにしないで、会は予定通りやります。

裏の裏は、なんだ、結局表じゃないか!みたいな話しですみません。
でも、もとに戻ったのではありません。

どうぞ、ぜひわたしのヴァイオリンを聞きに来てください。
まだまだ拙い音ですが、わたしにしかできないヴァイオリンです。



♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪

  10月3日(土)
  「やりたいことをやるために生まれてきたから」 
                          朗読とヴァイオリンの会


               詳しくはこちらへ♪ 

♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪.+:。 。:+.♪





プチ倦怠期かも

 2015-08-20
レッスンまでの課題や、自分で弾きたいと思っている曲がある。
にもかかわらず、ここ数日、なかなか練習に取り掛かることができない日が続いています。

何と戦っているのか自分でも良く分からないけれど、葛藤があります。
やらなくちゃいけないけれど、やりたくない…。
ヴァイオリンは好きだからやっているはずなのに、こんなふうに思うなんて…と、
自分を責める気持ちが出てきて、なんだか「もー、イヤ!!」となってしまう。

でもひとたび練習を始めることができれば、
これがまた、さっきまでのはなんだったのか?と思うくらいに、普通に、時間を忘れて練習できる。
今日もしばらく自分と戦ったあと、結局数時間練習しました。

昨日は午後からの仕事だったので、その前にやろうとしたけれど、
すぐに始められなくて、いくつかやり残したまま時間切れに。
忙しくて練習できない時にはやりたいし、できるようになるとこんなふうになって、
まったくアマノジャクです。

なんだかなぁ…と思うけれど、練習が終わった今はさっぱりした気持ち。
久しぶりにユーモレスクも弾いて、相変わらずの出来だけど満足しました。
自分のことを上手く操縦できないけれど、そんな時もあるよな…と思うしかありませんね。

結局今日はたくさん練習できたんだから、いいじゃない。
うん、そうだ、そうだ。倦怠期?とか思うのはやめよう(笑)。

この前からベランダに仰向けになっていたセミ。
森や林で見るのはちっとも気にならないけれど、自分の生活の場では苦手です。
仰向けだと少し怖い(笑)けれど、表にしてあげたらカワイイ顔をしていました。

ゴミ箱に入れるのは気が引けるので半紙にくるんで、明日の朝さよならします。

IMG_4321 (1024x768)   IMG_4324 (1024x768)

調べてみたら、アブラゼミのようです。
怖いとか言いながら、写真撮ったり調べたりして、ああやっぱり自分が分からない…。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫