一番幸せな時間

 2015-02-11
いつからか、家での練習の最後には必ずユーモレスクを弾いています。
レッスンの宿題の曲を全部はやらない日もあるけれど、これは多分毎回やっています。

鈴木教本の3巻で練習したのはかなり前のことだけど、
好きでずっと練習していて、人前で演奏させてもらう機会がある時には、大抵これを弾きます。
言いたい事がたくさんある曲。

毎日練習の最後に弾く時には、自分の好きなように下手でも構わずに弾きます。
初めはうまくできなかったけれど、少しずつわたしらしい演奏になってきているのではないかと思います。
これをやっている時は一番幸せな時間です。
それで練習を終える時、「ああ良かった…」と思うのです。

今日は最後のフラジオレットを弾き終わったら、なぜだかとっても満たされた気持ちになって
そのまま相棒くん(正確にはアゴ当てくん、笑)に首を傾けて左のホッペをつけてじっとしていました。

上手に弾けるようになりたいと思っているけれど、
芸術とか表現とか、わたしなりに追ってみたいけれど、
なによりこれが一番幸せなんだ…と、改めて思ってしまいました。
こういう気持ちは他のことで感じたことがありません。そのくらい幸せ。

聴いてくれる人がいる前でも、こうやって弾いてみたい。
そして、こうしてホッペつけてる幸せな姿を見てもらえたらな…と、そんなふうに思いました。

明日はレッスンで、今も思うように弾けないままだけれど、
それとは別にこういう気持ちを持てるようになったんだ…。
わたしにとって自分を律するというのは、毎日きっちり練習するということではなくて、
いつでも幸せな自分でいようとすることです。

もちろん、練習はきっちりやった方がいいとは思っているけれど。



ケースの名札

 2015-01-05
今日から仕事始めの方も多いと思います。
わたしは週末の仕事が最初なので、もう少しお休みです。

初詣に行った後は、近所のスーパーに買い物に出掛けるくらいでほとんど家にいました。
年末に終わらなかった気になるところを掃除したり、シーツの洗濯をしたり、
インターネットでゆっくり調べものをしたり。

ヴァイオリンの練習もやっていますが、なかなかはかどりません…。
宿題のカイザー4曲をまんべんなく弾くのではなく、好きなのばかり練習してしまう。
このままではレッスンに間に合わないので、そろそろ頑張らないと。(笑)

ゆるゆる~、ダレダレ~になって、今年は頑張らないと決めても
レッスンに課題が間に合わないのは自分としてはとても気持ちが悪いのでやります。
これはどうやらやりたいことに入るらしい…。

気力・体力が無い時には、ゆるゆる~、ダレダレ~でやります。

わたしはどんなふうにヴァイオリンを弾きたいのだろうと考えています。
踊るようにとか、美しくとか言っているけれど、本当はちょっと違うのかな。

どんな格好で弾いているかとか、どんなふうに見えるのかを意識せずに、
自分が上手いか下手かも忘れて、
だた感じるままに相棒のヴァイオリンと音楽を奏でられたら、それが最高の幸せ。

それは特別な曲でなくても起きるようで、
なんと、カイザーの中の曲でもそんな気持ちになることがあります。
楽譜を見ながら、間違えたとか難しいとか思って弾いていて、
そういうことに意識を使いながらも、何か自分の中から湧いてくるものを感じます。
これは一体何なのだろう…?

ヴァイオリンケースに名札のストラップを付けました。
どこかのお土産に、以前母からもらったもの。
ヴァイオリンのケースにと思ったけれど、何となくその時は保留にしておきました。

ようやく自分の名前がヴァイオリンケースについていても違和感がないと思えるようになりました。
付けてみたらしっくりきて、なんだか嬉しい感じがします。


IMG_3931 (1280x960)



エアヴァイオリン再び

 2014-12-23
エアヴァイオリンで思いっきり好きなように弾いたらどうか、と
ご自身のライブにわたしを誘ってくれたソングレターアーティストの安達さんが言いました。

先生からも以前から事あるごとに
ヴァイオリンを持たない練習を提案していただいていました。
「ヴァイオリンを弾く動きをバレエの動きに置き換えて(^^)」
「頭の中で曲に振り付けをして(^^)」と言われることもあります。

目の前のことで手一杯だったり、身体の動きがイマイチだったりして
一時のことになってしまっていたけれど、これはわたしにとって最重要事項だったのですよ。
思い出させてくださってありがとうございます。

けれどヴァイオリンを持たないと、どうしたら良いか分からないので(笑)
ヴァイオリンを持って、自分の気持ちと身体が一番解放される構え方を探しています。
それが一番良い音が出るに違いないし、
わたしが一番美しく見える姿に違いないと思うのです。

どんな見てくれでも、その人なりの美しさが必ずあるに違いなく、
それはその人らしさが何の妨げも作為もなく、ただ内側から湧いて出るもの。
だからきっとわたしにもそういうものがあるのでは?
そういう姿でヴァイオリンを弾いてみたいのです。

まだ試し始めたばかりで、全然うまく弾けません。
ヴァイオリン弾くことだけに集中しても満足に弾けていないのだから、当然ですね。
でも、やります。

今日は劇場へバラシのお手伝いへ。
開演前の心地良い緊張感の空気を吸って、出番の終わったセットや小道具を片付けます。
毎年関わっている公演だけど、今年はサポート役にまわしてもらいました。
久しぶりにボスの背中。んー、嫌いじゃないな(笑)



わたしの本筋

 2014-12-22
少し忙しくしていました。
日常のことだけでなく、心の中でもいろいろと思うことがありました。

世の中には人それぞれに担当があって、
それは仕事とか立場という枠を超えたもっと大きなくくりなのだと思います。
自分の担当分野は何なのか分かっていたはずなのに、
また迷走していたことに気が付きました。(分かっているのにやめられない…)

半年に一度くらい、こういう見直しの機会に恵まれてその度に愕然とするけれど、
心の奥の方では本当は気が付いていたことなので、認めるしかありませんね。

わたしはやっぱり自分が本当に好きなことに、
あれこれ考えずに、ただ進んでいくのが本筋です。
上手いか下手か、それが仕事かそうでないか、そういうことに関係なく、
自分がやりたいようにヴァイオリンを弾くのが、今のわたしの本筋。

こう書いて、いつもながらちょっと頭おかしいんじゃないか?とも思うけれど、
そういう人なのだから仕方がない。

こんな便利なところに住む家があって、時々好きな仕事もさせてもらって、
もちろん色々ないきさつでこうなっているのは知っているけれど、
わたしは宇宙に養ってもらっているんだな~と脳天気に思っている方が、きっとすべて上手くいく。

先日いただいたコメントに
「音楽家でもダンサーでもないけれど、舞台人だというヘンな自負があります。」と書きました。
何気なく出てきた言葉だったけれど、改めてそうなんだなぁ…と認識しました。

舞台の仕事に行けば、それはそれでまた中途半端な自分を発見するのだけれど、
だからこそ、わたしは「裏方」という枠に限定されないものなのだ、なんて思うのです。

そんなことを考えていたら、
「あの楽器が、何のためにあなたの手元にあると思う?」
という言葉が胸の中に湧いてきました。

そうだね。
あの相棒くんは、まるで「これを選べ」と言っているように、
間違いようがないくらい分かりやすい状況でわたしの目の前に差し出されたのでした。

これから一緒に何をするのだろう?どんな場所で弾くのだろう?
どんな演奏になっていくのだろう?

ちょっとこわいような気もするけれど、楽しみです。


10687081_708875755892406_3815668292413058641_n.jpg





動きをイメージして弾くと…

 2014-07-25
ヴァイオリンへの取り組み方に、音から入る方法と、形から入る方法が考えられるそうです。
わたしは体の動きについてのイメージをたくさん持っているようなので、
格好から入る方が上手くいくのではないかと、先回のレッスンで先生から提案がありました。

ただのロングトーンの練習でも、先生が言うことを体の動きのイメージに置き換えて音を出すと、
なぜそうなるのかは分からないけれど、いつもとは違った密度のある音が出てきます。

この前弾いたテレマンも、
「バレエの振り付けをするとどうなるか、音ではなく動きのイメージでできますか(^^)」
と言われて弾いてみると、
「この前の演奏よりも今の方が、はるかにこの曲らしくなっています。(^^)」
確かに録音を聴いてみると、とても大きく、表情のある音楽になっています。

「自分では何が違ってこうなるのか、分かりません。不思議です…。」
「ぜんぜん違う音がしていますよ(^^)。具体的に違っているのは音の長さ、音量の変化です(^^)」

動きをイメージすることで、それがわたしの体の動きに移って、
ヴァイオリンを弾く動作に変換されて音が変わってくるのだと思います。
少しだけれど、そういうことができるところへやってきたのだ…と、今これを書きながら思いました。

「気持ちだけ入っていればそれっぽく聴こえる、と言うのとは違うこと(^^)」だそうですが、
自分でやっておきながら、謎です…。

「ヴァイオリニストは弾きながらいろんな動きをしているけれど、あれは何でしょう?」と質問したところ、
「あれは、あの音を出すために必要な動きなんです(^^)」とのことでした。
曲から受ける印象を動きのイメージに変えてから弾くことで
良い音にしようとするわたしとは逆ですが、
やがては音のための動きに変わっていくのだろうと思います。

Youtube で見ても、人によってさまざまな動き方で個性的です。
女性ヴァイオリニストは美しい人がたくさんいるけれど、
演奏する動きという観点からすると、自分の好みに合う人はあまり見つかりません。
見た感じが濃厚な感じの人は苦手だな…なんて思っていたら、素敵な演奏を見つけました。




自分とは容姿が全く違いますが…。

わたしがいつかできるようになりたい「踊るように弾く」というのはこういう演奏です。
あ、この曲が弾けるようになりたいというのとは違いますよ。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫