FC2ブログ

カールフレッシュは手強いのです

 2019-04-18
今日はヴァイオリンのレッスンでした。

カールフレッシュはなかなか思うようには弾けるようになりません…。何となく何度も弾いていたのではいつになっても音が合わないままなのだよな…。面倒でも細かいことをきちんと覚えなくては、現時点の自分には弾けるようにならないのだろうなぁ…と、つい数日前に改めて分りました。

なんとなく音が合ってきたように思っていたのですが、何となくでは、少し何かの調子が狂うと全然分らなくなってしまう。今までそんなことも分らなかったのか!と誰かに突っ込まれないうちに自分で突っ込んでおきます(笑)。

ちょっと楽しげに書いてはいますが、実際にはまったくそんなことはなく(だから楽しげにしておかないと…笑)、レッスン前に今日も家で顔面に縦線入りながら、かなり煮詰まって練習をしていました。身体も頭もずっと続けては無理なので、途中に他のことをやり、また復活したら練習して…。そんなこんなで、また今日は左手に力が入り過ぎていたみたいです。

ひとまず今日は予定していたところは一応見ていただいて、次回に持ち越しはありませんでした。持ち越してしまうと練習に困難を来たしてしまうことが分ったので良かったです。同じパターンの重音での、違う音階(ト長調&二長調)を一度に練習するのは、頭がショート&音痴炸裂でグッタリしてしまうのです…。

先生が手放されたヴァイオリンがあるということで、どの楽器なのか伺いました。一緒にレッスンをしてくれた楽器がどこかにいってしまうことは少し寂しく感じないでもありません。自分のものではないのですが、どれがどんな顔でどんな音で…と、親しみを感じているものですね。でも、一番好きな楽器は先生も手放されることはないので安心です。わたしが先生に習うだけでなく、相棒くん(わたしのヴァイオリン)も先生の楽器に歌い方を習っているのだと思っています。

ん~、今日は疲れたなぁ…。明日から劇場で、普段なら前日から緊張気味で落ち着かない気分になるのですが、今日はその余裕がありません。早く寝よう。



カールフレッシュを持ってレッスンへ

 2019-04-04
今日はカールフレッシュの音階教本を持って、レッスンへ行きました。
先回、先生のを見せていただいて説明はしてもらったのですが、やはりやってみないと何が分からないのかが分らず…(笑)。今日は自分でやってみて分らなかったことを教えてもらい、少し前向きな気持ちになれました。

この教本は、フィンガリングが何パターンも書いてあったり、重音だらけでページが真っ黒だったりで、手強いヤツのようです。恐ろしい…。でも、どうやらしらみつぶしにそれをやっつけるという進め方ではなく、なんとか切り崩しながら進めていくということで、少し安心しました。とはいえ、わたしにはどんな進め方でも手強いことには変わりないのですが。

前のレッスンの時よりも耳の調子は良くなっていて、自分ではいつもの感じなのですが、客観的にどうなのかは自分では分りません。このところ少し神経質になっていて、仕事で左耳に入れているイヤホンのトランシーバーの音が小さく聴こえているのでは?と気になったり、家で弓に松脂を塗ったあとで多いのでは?シャリシャリしているのでは?とふき取ったりしていました。

今日先生に見てもらったところ「いつも通りの音になっています(^^)」と言ってもらえてホッとしました。一度調子が悪くなってみると、他の人と自分の聴こえ方を比べることができないことに改めて気がついて、少し心配になっていたので。

そういえば学生の頃、色彩学の授業で、自分が見える赤の色と他の人が見ている赤の色は違っているかもしれないことに気付き、衝撃を覚えました。「自分の感覚は自分だけのもので、わたしは閉じ込められたこの中から出ることはできないし、他の人と共有することもできない。」と感じたのです。

自分が聴こえている音と人が聴いている音は同じでは無いかもしれないし比べようも無い。でも、先生の言う良い音を自分の感覚の中で良い音だと感じ、わたしがそう思う音を先生も先生の感覚の中で同じように認識してくださるので、それで良いのだと思っています。ややこしい話しですみません。

各々が自分の感覚の中から出られず、他の人の中には入れないならば、全く同じように感じる共感というのはありえないけれど、誰もが美しいと感じるもの、心を動かされるものはありますね。それに出会うとき、わたしは自分の中に閉じ込められてはいないのだなぁと思えます。

レッスンの帰りに桜を見に行きました。ちょうど見ごろの時期にレッスンがあるとは限らないし、一年に一度なので行って良かったです。例年、同じ夕方近くの時間に行くので、毎回同じような写真になります(笑)。


20190404234810606.jpeg    20190404234431f20.jpeg



クロイツェルが終わりました

 2019-03-21
昨日、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。先回のレッスンでボウイングの復元をして、スカスカの弓ではなく音を後ろから支えて前に促すような感じで…と言われたのですが、耳の調子が悪いからスカスカに弾いてしまったのではないか?と思い、耳に苦痛でもしっかり弾かなくてはと、違う方向に進んでしまっていたようです。

いつも松脂が少ないと言われることが多く、弓が擦れるのでしっかりと松脂を塗りジャリジャリした音になっていました。それは感じていたけれど、今、ナチュラルでもジャリジャリっぽく聴こえてしまうので、松脂のせいだと気がつかない(苦笑)。楽器の駒の加減もあまり良くなく、先生が調整してくださり、弓の加減も見てくださって、普通の状態にしてくれました。

自分の基準が狂っているので、改めてこのくらいの感じが普通だとインプットし直しました(若干ジャリジャリしてきつく感じる程度)。先生のいつものヴァイオリンで音を出したら、相棒くんよりは穏やかに感じますがそれでもA線が少し刺激的に感じて、やっぱり楽器のせいではなく、自分の耳の問題ですかね。

2巡目のクロイツェル42番を先回の続きから最後まで弾いて、これでクロイツェルは終了となりました。毎回、目の前の曲に取り組むことだけ考えていて、カイザーの頃のように「いつになったら終わるんだー!!」と残りを数えたりしなくなったので、2巡もしたなんて不思議な気がします。苦痛な曲や手が限界!な曲もあって順調に進んだとは言えないし、充分弾けるようになってはいませんが、やったことは自分が気がつかないところで身になっているに違いないと信じています。

42番の最後の小節は短調の重音から長調に転じて終わります。そこへ来ると「ここまで良くやりました、お疲れさま。」と言われているように感じて気持ちが明るくなります。カイザーで苦戦している頃に「やがてはこんなのをやります(^^)」と見せられた水色の表紙の楽譜、始めてからも「32番以降の重音シリーズはいつかやることにして…(^^)」と言われた気がしますが、31番までを2巡した後、続けてやりました。

次回からは、自分はこれをやることは無いのではないか?と思っていた(笑)、カールフレッシュの音階教本をやります。ヴァイオリンをやめようと思ったことは無いけれど、ここまで進んでくるとも思ったことは無く、不思議な気がします。


20190321204447c24.jpeg  最後の音で光が差してくるように感じる



復元練習

 2019-03-11
一昨日の土曜日の夜、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。旅行のため少し予定を変更させていただいて、普段と違う曜日・時間帯です。

旅行は7日間でしたが、午後から出発だったので練習してから出かけて、弾かなかったのは6日間です。そのくらいの期間ヴァイオリンを触らないことは、去年の旅行や仕事の都合や入院した時など、ままあることなので初めてではありません。

帰ってから何日か練習して、ヴァイオリン弾くというのはこういう感じだった…というのは思い出して大丈夫なような気がしていましたが実際にはダメだっだようで、ボーイングの復元練習となりました。小さな弓から大きな弓へ、楽器が響く感じを思い出すように…。今までこの練習を何度もさせてもらっているな…。これまでもいろいろ不具合のあることが多かったな…。

旅行は楽しかったけれど体調を崩してしまって無理をしたようで、自分ではかなり復活したつもりでも、先生にはまだ普段とはかなり違った様子に見えたようです。まあ、自分でもレッスンへ行く前に鏡を見たら「んん……」とは思いました。ヴァイオリンも身体も復活したつもりになっていて、実態をちゃんと把握できていない…。

レッスンの間にだんだんいつもの音に戻ってきたようです。2巡目のクロイツェル42番も途中までですが見てもらいました。

体調が…とは言っても、そのくらいいのことで音が貧弱になるかな…?今まで身体のどこかが痛くても、かなり疲れていても、そこそこ大丈夫だったのに…と、少し不思議な気がしていました。で、思い当たった原因はたぶん耳です。今朝も目が覚めたときに耳に違和感があって、そういえば旅行から帰って来てからヴァイオリンを弾いたら、こんなに音が大きかったっけ?と感じたのを思い出しました。

今回、飛行機では往復とも耳抜きができたようで違和感が無かったので何が原因かは良く分りません。ヴァイオリンの音が耳にキツく感じてしまい、無意識のうちに耳にやさしい音で弾くようにしてしまっていたかもしれません。耳が痛いのか鼻なのかのどなのか、花粉症もあるので良く分りません(笑)。笑ってる場合かわからないけれど、少し様子をみてみます。



201903112241288a2.jpeg

昨日花屋さんで目が合って買ってきた「オステオスペルマム」という花。調べてみたらアフリカ原産だそうです(笑)。



前の弓を使ってみたら

 2019-02-22
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。

先日の演奏がド緊張して思うようにできず、そんなご報告になってしまうことは残念です…。それ以上にクロイツェル41番の残り半分が、レッスン当日に家で練習したら、また変な緊張が蘇ったのか前の日までより全然上手くいきません。ちょっとしたことですぐできなくなってしまう…。

先生にそんなお話をしたら、緊張しても頭が真っ白になっても勝手に手が動いて弾けるようにしておくには、やはりたくさん練習するしか方法が無いとのこと。何度も人前で弾いて回数をこなしても「本番の魔物」というのはいて、でもそれが緊張の原因になったかと思えば、普段とは違う演奏が出来たりもする表裏一体のもので、必ずしも悪いものとは限らないそうです。

ピアノと一緒に弾いたらどのくらい自分の音が聴こえるのか、お客さんにはどの程度の力加減で弾いたらきちんと聴こえるものなのか、経験不足と練習不足で良く分らなかったことが焦って緊張してしまった一因でもあります。ああ、あまり考えないようにしていたのにまた思い出してしまった(苦笑)。

クロイツェル41番の後半、やっぱり上手く弾けないのですが、「もうひとつの弓で弾いたらどうなりますか?(^^)」と言われ、前から使っていた自分の別の弓で弾いたら、少しマシになりました。「重音の長い音を弾く時に敏感な良い弓を使うと、難易度が上がってしまいます(^^)」「自信喪失している場合はですね、ちょっと許容量の大きいものを使うというのもありです(^^)」

なるほどなぁ…と思います。こういうお話を伺うたびに、アーチェリーのカーボン製の矢とアルミ矢の違いを思い出します。アルミ矢は初心者でもまずまず扱いやすくそれほど技術の差が出ない。カーボンの矢は上級者が使えば気持ちよく当たるけれど敏感なためちょっとのことで大きく外れてしまいます。初心者には扱いきれません。

アーチェリーではカーボンの矢を使っていましたが、ヴァイオリンでは自分が今の弓をまだまだ使い切れていないことは承知しています。クロイツェル41番などは悲惨な状態になってしまう…。でも、ツィゴイネルワイゼンはこっちの弓のほうが弾き易い部分がたくさんあります。曲によって使い易さは変わります。「デリケートな表現をしたいという練習には、あきらかにこっち(今の弓)の方が良いと思います(^^)」

「面白いので…(^^)」といわれて、ヴィブラートの練習を、許容量の大きい前の弓と敏感な今の弓でしたところ、弓に応じて左手のヴィブラートのかけ方を無意識に変えていたようです。前の弓では左手をたくさん動かしていたのが、敏感な方の弓ではそうでもなかったそうで、そうなんだ…と自分でちょっと不思議ですが、弓の性能に反応して弾いていたことは嬉しいです。

いっぱい色々なことを教わって、頭がパンパンになりました(笑)。レッスンの前に家でクロイツェルを弾いたら悲惨な状態で、この前の演奏のこともあって、「わたしヴァイオリンだめかもしれない…」と、何がどうというのでなく意味不明に漠然とそういう思いに襲われたけれど、帰りに商店街を歩きながら、相棒くん(今のヴァイオリン)を買った時の嬉しさとか、今の弓が一瞬魔法の棒のように感じた時のことなどがフワァ~っと思い浮かんで、だめとか大丈夫とか、そんなことは考えなくてもいいのだ…と思えて来ました。



≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫