開封機と白鳥の声

 2011-11-30
普段行っているアルバイトでは、たくさんの郵便物を開封するのに
電池式の開封機を使います。

今日はたまにしか行かない部署でのお仕事。
そこの開封機を使ってみると、いつも使っているのとは音が違う。
なんだか、わたしのヴァイオリンのような響き!!
昨日は寝不足で、時々意識を失いかけたりしたけれど(^^;)、今日はそんな事は無いのに、
ヴァイオリンのやり過ぎで頭がヘンになっているのか?

自分のヴァイオリンで弾いたときに、音程が合っていない時の、
ちょっとこもったような響き方に似ている!
自分ではその音を「白鳥の声」に似ているなぁ、と思っていました(それもちょっとヘンだけど…)
うまく響いていないない時の切ない感じとか、音の立ち上がりの引っかかる感じとか…。
ヴァイオリンの「木の箱本体が鳴っている」という感じが、わたしには白鳥の声のような印象なんです。
あいかわらず、うまく説明できない…

なんだかこんなふうに書いていると、わたしの楽器はちっとも良い音がしない楽器みたいですが、
ちゃんと弾ければ、とても良い音がします、念のため。

開封機は電池の残量によって、音が高かったり低かったりしますが、
音そのものは個体差があるようで、うるさかったり静かだったり、
わたしのヴァイオリンに似ていたり…(^^;)。
工場でつくられているこういうものでこんなに個体差があるなら、
天然の木を使って、人が手でつくるヴァイオリンの音がひとつひとつ違うのは当然だなぁと思います。

まあ、開封機の響き方なんて、作っている人は気にしていないと思いますが(^^;)


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/98-40db0cb0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫