指使いと弓使い

 2011-11-29
ここ数日、ヴァイオリンの普段の練習以外に、弾いてみたい曲の練習をしています。

まず楽譜をインターネットで1曲からダウンロードできるところを見つけて105円で買いました。
「ヴァイオリン初級」と書いてあったのでいいかなぁ、と思って。
しかし、弾いてみるとわたしの知っている曲とは音の高さが違います(調が違う?、キーが違う?)
初心者が弾きやすいようにアレンジされているみたいです。(それほど弾き易くない気もする)
ほんの所々に、指の番号や弓の記号が書いてありました。

普通の音程で弾きたいので、その楽譜は参考資料に格下げし、
無料楽譜サイトの、初心者用でもヴァイオリン用でもない楽譜を調達しました。
当然ながら、ヴァイオリンのための指の番号や弓の記号は書かれていません。

そこで、Youtobeでその曲をヴァイオリンで弾いているのがないか探してみると、
2つ動画が見つかりましたが、どちらも途中までしか弾いていない…。
指や弓の動きを参考にしたいのだけど、どれも似ているようで違っています。

弓も指も、弾き易く良い音が出ることを考えて決めるのだと思いますが、
自分とは技術レベルが違うので、あまり参考になりません。
わたしはあんなにポジション移動したら、音程がどっかへ行ってしまう…。

自分で、どうやったら弾き易く音程が外れにくい指使いになるかを
いろいろ試してみて、ようやく今日、これでいいかなと思うのができました。
(すごくヘンなことをしているのではないかと心配ですが…)
弓の上げ下げも、「こうやったら気持ちよく弾けるんじゃないか?」という、
自分の独断で、勝手に決めてみました。(大丈夫かな…?)

こういうのをやってみると、指や弓の動かし方はどうやって決めているのか?と考えるし、
正解じゃないかもしれないけれど(正解って無いかもしれないし)、
とりあえず自分で考えてみるのは、本当に楽しい作業です。
ヴァイオリンを持ったまま、時計の針がどんどん進んでいってしまいます。
でも、ちょっと寝不足気味…。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/97-c2092f7b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫