FC2ブログ

湿度が高いので…

 2020-06-25
今日はレッスン。一度再開されるとまたこれが普通の日常になるのです。先回の記事を自分で読んでそう思いました(笑)。いつものように練習して、できないことにモヤモヤして焦って、いつものように出かけて、レッスンしていただいて、できなくてもスッキリとした気持ちで帰ってきました。

カールフレッシュの音階は、あまり速く弾けなくてもなるべく丁寧にエレガントに…と練習したので、前よりも安定しました。練習は丁寧に、ですね。チャイコフスキーはまだまだ…。好きだった曲を実際に自分で弾くようになると、楽譜の音符を追うことに終始して、聴いていた時に心が動いた肝心な部分を横に置いて忘れてしまいます。先生がそれを思い出させてくれますが、自分でどうやったらそうなるのか…。でも楽しいです。

わたしの調子よりも相棒くん(ヴァイオリン)の調子がいまいちです。梅雨時の湿気が原因のようで、弓が弦に抵抗されて跳ね気味になったり、カサカサした音になります。そういうのは通常は自分のせいだと思いますが、今回はそうでもなさそう。レッスンの途中と、終わってからも見てくださって、弾きやすくなりました。梅雨が終わるまで、今しばらくはご機嫌を取りながら弾くことになります。自分でできるのは駒の傾きを直すのと松脂の加減を調節することくらいですが、少しは変わるはず。

少し前に急に暑くなった時期に、家の中で熱中症?と思ったことがあり、まだそういう年齢には少し早いとは思いますが、自分の体感温度に自信がないので温度計を買おうかと思い、ついでに湿度計もついているものをと考え中です。先生はどういうものを使っているのかなぁと思ったら、いつも見ているデジタルの掛け時計に気温と湿度が表示されていました。

これまで湿度をそれほど気にしていなかったし、参考程度に分かればと思ってのことですが、先生曰く「湿度は弓の毛が一番わかります(^^)」とのこと。そうです、自分でも張ったはずの弓が緩んだり、逆にとても張ったりしてしまうのは日々感じていて、加えて今はガット弦を使っているので、それはもう、湿度には敏感に反応している毎日です。湿度計は見てみたいというだけだな、まあ何でも良いですね(笑)。


20200625212233dea.jpeg

親しく思う近所の街路樹のムクゲ。また花の季節が来ました!



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/963-49fa50c1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫