FC2ブログ

オンラインでのレッスン

 2020-04-17
東京都に緊急事態宣言が出てからヴァイオリンのレッスンがお休みになりました。
希望すればオンラインでのレッスン対応をしてくださることになっています。

このところレッスンは予定を変更させて頂いた後、結局お休みして、今はこういう状況になってしまっています。オンラインでのレッスン、自分が対応できる自信がないけれど、そのまま長期お休みに入ってしまうのは…と考えて、お願いしました。

昨日がそのレッスンでした。オンラインでの良いところは、直前まで家で練習ができるし、移動しないので湿度や温度の変化がなく、楽器の状態が維持できる。そう思いましたが、レッスンへ行くための移動時間はあきらめをつける、開き直る、気分を変える、など、気持ちの整理をする時間だったのだな。外へ出て電車に乗って、商店街や道のお花を見て、というのもレッスンの準備だったのです。

レッスン前にそれに気付いて気分転換もできないまま、慣れない通信でのレッスンに緊張もしてきて、詰めて練習したからかまた頭から肩まで痛くなってクラクラして…。オンラインレッスンでは感染拡大の心配はないので、もうお休みしませんでしたが。

久しぶりにお会いした先生はわたしの iPhone SE の画面の中で小さいお姿でしたが、スピーカーをつないだので音量は十分でした。いつも聴いている先生の生の音ではありませんが、この状況では仕方のないこと。お休みするかオンラインでレッスンを受けるかという選択肢をつくってもらえたことだけでも感謝です。

「通信を通してきちんと届く音で弾く」という弾き方は、音を最後まで同じテンションで出すという基本的なことでした。普通に弾いているつもりでも、ほんの少しの加減で音がのらなくなってしまうようです。ボーイングの練習でそれができないのだから、音階やら曲になったら、全然届いていないのだろうなぁと思うと、んん…。

次回はツィゴイネルワイゼンの仕上げになりました。直接見ていただきたい気持ちもありますが、対面レッスンが再開されるまで仕上げ演奏のモチベーションを維持できる自信がないので、オンラインレッスンでお願いしました。演奏会ではないので最後の本番がどうかということよりも、ここまでの道のりに価値があるのだ。

このところ練習すると具合が悪くなるというのを繰り返していて、カールフレッシュへの拒絶反応かもしれないと半分冗談、半分本気で思っています。そんな風に思うからそうなるのだろうな。毎回、気楽にチョイチョイと練習して片付けてしまえば良いのだけど、そればかりやっていて、曲の練習がおろそかになってしまっていました。自虐スパイラルから脱しなくては。練習は、気楽に気楽に、平静に平静に…。


昨年から世話をしている胡蝶蘭のつぼみが膨らんできました。まだ花を見たことがないのでとても楽しみ。何色の花が咲くのかな。


202004171404007a1.jpeg




関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/957-3665770c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫