FC2ブログ

課題は「克服するべき困難」ではない

 2020-03-12
今日はヴァイオリンのレッスンの日。
イベント自粛の影響で、行きたかった演奏会が無くなったり仕事の予定が無くなったりしていますが、ヴァイオリンのレッスンは影響ありません。予定が無くなったらその分練習ができるかというとそれほどでもなく…。なんとなく落ち着かないような気分になる日もあり、ほぼいつも程度に練習できただけでも良しとしますか。

カールフレッシュの音階、今日はCis moll 。先回ほど高い音はないけれどD線だけ高くて手と肩が辛いです。このカールフレッシュは、最初から順番に全部やるという方針ではなく、まずボーイングやリズムを単純にして各音階の基本的なパターンをやってきました。今回でそれが一巡したので、次回からはこれまでより少し難易度を上げて…という説明を聞きながら、言われていることがすぐに理解できないわたしはまた固まってしまいました(笑)。明日から理解できるようにゆっくり解読します。

今まで何度も言っていただいていることで自分でも自覚がありますが、いつも緊張度が高く苦し気な音になる。なんというか、「どうにか克服しなければならない困難に立ち向かう」という姿勢なんですね。家で一人、その困難に立ち向かいながら練習しているので、どうしても厳しい雰囲気になちゃう。それでうまくできれば良いのですが逆効果なのです。自分でも苦しいのだからもうやめにしますよ。誰か毎日横にいて、わたしをフンワリとした良い気分で弾けるように仕向けてください(笑)。

立ち向かうべき困難(レッスンの宿題)でない自主的な好きなものをテキトー弾きしている時(今は少しそういうことをやる余裕があります)は多分好きなお花の匂いをかぐような嬉しい雰囲気でやっているのだと思います。自分がどんな風にやっているとか、そんなこと意識すらしません。だからできないわけじゃないのです、多分。

トイレットペーパーは最後の一つを使い始めてから買いに行き、いつもの近所のお店にはなかったけれどその日のうちに買えました。仕事や他のこともそれなりに影響がありますが、できるだけ普段通り淡々と過ごしていけたらと思います。


昨日は新型コロナ関連に加えて震災について想う日でもあって、気持ちが疲れてしまうかと思ったけれど、晴れた気持ちの良い一日で、穏やかな夕暮れでした。

20200312234840557.jpeg



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/955-c662417c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫