FC2ブログ

駒の調整とレッスン

 2019-12-13
一昨日、相棒くん(ヴァイオリン)の駒を新しくしてもらうために工房へ行ってきました。とても丁寧に作業していただいて、その間お話しも伺いながら貴重な時間を過ごしました。新しく出来上がった駒をつけた相棒くんは、出会った頃にかなり近い音になって、再会?したような気持ちになりました。いつも弾いているのにね。

ヴァイオリンにもいろいろあって、それこそストラディヴァリのような貴重な楽器から量産のものまでさまざまで、自分の相棒くんは買った値段にしては良い音の楽器ですが、最上級のものにするように細密な調整をしていただいて、本当にありがたいことです。いつも自分の感覚には自信がないのだけど、何かが違うというのは分る。今回はただ「好き」「嬉しい」というのしか出てきません。

翌日の昨日はレッスンで、さっそく新しい駒をつけた相棒くんの様子を先生に見ていただきました。少し音を出してからアチコチをいろいろチェックされ、その後少しだけ駒の傾きを直して「充分良くできていると思います(^^)」と言ってくださいました。先生の楽器を見る目はとても厳しいので、こう言っていただけて良かったです。

でも「もうちょっと艶やかな音になったらいいですね…(^^)」と。わたしが相棒くんを買った時、先生もこの値段でこの音ならばご自分でも買うと言ってくださいました。当時のわたしは先生にそんなふうに言われてとても嬉しかったのですが、その後、先生のヴァイオリンの音に対する選別眼の厳しさ&素晴らしさを少し分るようになり、相棒くんの音の価値を改めて認識しました。

その後の調整の具合なのか何なのか、原因の分らないうちにその音ではなくなってきて、わたし自身は最初の音が良かったとは思っていても出てくる音に順応して慣れていってしまっていました。ヴァイオリンの音は何をしても変わるし、そういうもので仕方のないことなのかな…?と、自分を説得&納得させる方向に諦めていたかもしれません。

今お世話になっている工房の技術者さんは、買った時の相棒くんを良く知っていて、素晴らしい調整技術を持っている方です。だからこそ先生も「もうちょっと…」と思われるのでしょう。すご過ぎるお二人にお世話になれて相棒くんもわたしも幸せです。

年内はあまり密度のある練習はできませんが、しばらく弾いているうちに駒がなじんで艶やかな音が出現したりしないかなと、願望的妄想をしてみる…(笑)。


20191213234111aba.jpeg

今年のミニバラはこれで最後です。いつも嬉しい気持ちにさせてくれてありがとう。





関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/946-cafd6cdf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫