FC2ブログ

いろいろ試してみて

 2019-10-22
先生のところで弾いた古い楽器のことを思って、肩当て無しで弾いてみたり、アゴ当ても外して弾いたり、チューニングのピッチを変えたり…、すぐにマネしたくなってしまいます。持っているふたつのヴァイオリンで試して、良い音が出たような気がしましたが、状況が変わると自分がうまく弾けないからなのか、今までの方が楽器に合っているのか、結局元通りにした方が良いのかなと感じて今は現状復帰。

ピッチを半音下げた時には、普段響きにくいC♯やF♯がとても良く響いて(いつものDやGが響くのと同じこと)、とても気持ちが良く新鮮でした。そのまま半音上を押さえていつもと同じ高さのアヴェ・ヴェルム・コルプスを弾いたら、豊かな音に聞こえました(たぶんF♯効果だと思う)。自分の楽器は2つとも弦のテンションが弱い方が良く響くような気がして(気のせいかな?)、以前ヴィオリーノという弦にした時にエコーが掛かったような響きになったのと似ている感じだった。

普段通りでないといろいろと不都合なので元に戻してしまったけれど、あれこれ試して元がどんな音だったのかよく分らなくなったのか、以前よりもどちらのヴァイオリンも良い音がしているような気がします。また妄想世界の人になっているかも。

合唱やリコーダーが一段落して、この頃また息を思い切り吸うことをしていないのに気が付きました。大きく呼吸したら気持ちが良いし、ヴァイオリンを弾く時も張りのあるパンとした風船のようなわたしでいた方が良い。ヴァイオリンの音って、胸がいっぱいになる…。自分で弾いた時だけかな…。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/941-5d4aa417
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫