FC2ブログ

古い楽器、好きだったな

 2019-10-13
先日の水曜日、ヴァイオリンのレッスンへ行きました。

先回初めて会った古いヴァイオリン、2週間でビックリするほど音が変わっていました!この前は自分の相棒くんの方が大きな音に聞こえたのですが(先生もそう言っていました)、今回は先生がチューニングするのに音を出した瞬間、驚きました!

この楽器、先生にあれこれ注文を出して、自分が良い音で歌わせてもらえるようにしたのだなぁ(笑)。お話を伺うと、先生は本当にいろいろと試行錯誤して最適な状態をみつけられたようでした。実際に目の前で、変えられえる部分を少しずつ変えながら音を出して、わたしにも試させてくださって、興味深い体験をさせてもらえました。

ヴァイオリンと言っても、製作者、年代、それが同じであっても個体差もあって、もうそれぞれ全然違うものです。昔は人気があったとされる古いそのヴァイオリン、普通に今のやり方で弾いたのではあまり良い音がしない。「こんな筈ではない」と信じて、真価を発揮できるまで試す先生の、熱意と手法の豊富さは並大抵のものではありません。

わたしもめったにできないような貴重な体験をさせてもらい、本当にありがたいです。話として聞くだけでなく、少しの間だけれど2週間前と今回と、時間を追って実際に弾かせてもらって、感じる事がたくさんありました。第一印象で可愛らしく品が良いと感じたそのヴァイオリン、美しい上品な音で歌うようになっていました。

たぶん、もうあの楽器を弾くことは無いのだろうな。自分では全然うまく弾けなかったけれど、幸せだったな。うまく言えないけれど、肌が合うというのか…。ヴァイオリンを弾くというのにもいろいろあって…、わたしはこういうのがいいなぁ…と思いました。これでは全然伝わらないですね(笑)。

わたしは自分の手元にある2つのヴァイオリンが望むように、それぞれの相手をしてあげることだなぁ。レッスンの後、先生がやったことのマネをして弾いてみたら、良く響く音がするような気がする…。また妄想世界の人になっているかもしれません(笑)。このヴァイオリンたちはどうしてもらうのが好きなんだろう…?

リコーダーの演奏をしたり、合唱祭があったり、ヴァイオリンでもこういった体験をさせてもらい、他にもいろいろあり、このところ濃い出来事が多い毎日です。思うこと、感じることはたくさんあるのですが、なかなかここに整理して書くことができていません。過ぎ行くことは過ぎ行くままに…、にしておきます。


20191013143609b93.jpeg

レッスンの後、旧古河庭園でバラを見ました。
台風でどうなったか少し気になりますが、まだつぼみもたくさんあったので咲く花もあるはず。また見に行きます。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/940-c48d547b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫