FC2ブログ

ギュスターヴ・モローの描いた女性のように

 2019-06-21
汐留美術館のギュスターヴ・モロー展へ行きました。この週末で終わってしまうので混んでいて、入場制限のため並びました…。

201906212300247b7.jpeg


展覧会概要に「質主義的な潮流にあった19世紀後半のフランスにおいて彼は、幻想的な内面世界を描くことで、真実を見いだそうとしました。」とあり、神話や聖書を題材に描かれた幻想世界を観たかった。モローが描いた女性がテーマになっていて、誘惑する・される、純潔であり官能的である、そういう存在としての女性の絵がたくさんありました。

なんだかんだ言っても、わたしは幻想的な美しい妄想世界が好きなのだろうし、だからチャイコフスキーのこれでもかと盛り上げるような甘い旋律にも同調していってしまうし、もうこれは抗えないことなのだと観念します(笑)。冷静で中庸で客観的な人でありたいと思ってきたけれど、それは自分がそうではないことを薄々知っていたからなのかもしれません(笑)。

そこそこ長く生きてきてこれまでにつくり上げられた自分が、もともとのわたしからはかなり違ってきているかもしれないことに気がつきました。何が好きで何が心地良いのか、頭で考えるのではなく試して体感して選びなおすというのを、チマチマとやっています。全く生産的ではないしとても疲れるけれど、少しだけ本来のわたしに戻ってきているかもしれません。

分りやすいことでは、眠たい、疲れた、お腹が空いた…、そういう基本的なことを無視しないで素直に感じて、それを満たしてやる。あとは身の回りのものとか服とか環境とか、身体も気持ちも心地良いものは何か?など。もう途方に暮れるほどいままでテキトーなものを自分にあてがってきたんだなぁと愕然とします。

自分で忘れていた本来の感覚を思い出すのは新しいような懐かしいような気分です。これを続けて行けば、やがてはモローの描いた女性のようになっていくのかもしれないなぁ…と(他の言葉で解説するのが難しい)、今日は改めて思いました。

最近、とても相棒くんが良い音を出しているような気がします。弾く側のわたしに何か変化があれば、そういうこともあるだろうなと思います。わたしが緩んで元に戻っていけば相棒くんも本来持っている良い音になっていくに違いないです。(幻想・妄想ではないことを願います、笑)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/928-4e8d5160
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫