FC2ブログ

肩当て無しも悪くないかも

 2019-05-30
今日は久しぶりのレッスンでした。先回、もともと仕事の都合で1ヶ月空けてあったレッスンをお休みさせていただいたので…。

肩当て無しで弾くことは以前も試したことがあったけれど、弾きにくく感じて本当に少し試しただけ。今回は必要に迫られて始めたことですが、本気でやってみると発見があります。

わたしが肩当てを使わないのに合わせて、先生も「この方が分りやすいですから(^^)」と、肩当を外してレッスンをしてくださいました。恐縮です。以前、左腕を上げるのが難しくなった時に姿勢を変えて弾いたことがあったのですが、その時もわたしの態勢と同じようにしてレッスンをしてくれたこともあります。

肩当て無しのメリットはヴァイオリンの位置を自由に変えられることで、それは自分でも数日間で実感できました。他には、自分の場合は首の力をあまり使わずに済んで、楽です。それから、アゴで深くヴァイオリンを挟める(今使っている肩当てとアゴ当ての都合でいつもは浅めになっている)のでコンパクトにいろいろやり易くなる。

左手はヴァイオリンを支えながら動かすことになり、少し不自由な気がしますが、弦とポジションによってあまり変わらず弾けるところ、むしろやり易くなるところなどあって、不自由とは限らないです。左手が動かしにくい時には難しいかもしれませんが、今はまずまず動きは良いので大丈夫です。

左手のポジション移動は、肩当てをしないことで左手をなるべく指板から離さずに慎重に移動させていることに気が付きました。音程も頭の中でいつも以上に意識して弾かなくてはと思ったら「そんなに悪くありません(^^)」と言ってもらえました。いつもが乱暴な動き&テキトーな狙いだったのだな(苦笑)。

どこかに不具合がある時の方が、普段より慎重になって上手くできることがこれまでも何度かありました。何でもない時には自動操縦的に、雑だったり力でやってしまったりするみたいです。上質な自動操縦ができれば言うことありませんが。

これから少しの間はコンスタントに2週間おきのレッスンです。2週間では練習期間としてはギリギリで頑張らないといけませんが、今回のように空いてしまうのも元気がなくなり煮詰まります…。またチマチマ地道にやります。



20190530223917c27.jpeg

今年はベランダのミニバラにたくさん花が咲いています。毎日眺めて幸せです。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/924-6acf9509
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫