頭の中にある音

 2011-11-09
「頭の中にある音が実際に出てくる音になる」とか、
「音程は指でとるのではなく、頭の中でつくる」ということをよく言われます。
このことが興味深くて、時々思い出しては考えています。

練習をするたびに、音程の外れた自分の音を聴き続けることになって、
頭の中で流れる音楽が、その外れた音程の音楽になっていってしまいます。
音を出す前に、頭の中で既に外れた音楽が流れているのだから、外れた音が出てきて当然。
その音痴スパイラルから抜け出すためには、CDや先生の音を聴いたりして、
頭の中に正しい音程を入れなおす必要があります。

どんな弾き方をするか、というのも同じ。
毎回録音させてもらっているレッスンの中で、自分で良い音が出せた部分を繰り返し聴いたり、
先生が弾いた部分を聴いたりして、
「自分が弾いたらいつも出てくる音はこういう良い音」と刷り込もうとします。

練習とはちょっと違うけれど、こういうことをやった時の方が
だた漠然と何回も弾く練習をするよりも、少し上手く弾けるように思います。
「頭の中にある音が実際に出てくる音になる」のだから、頭の中の音を良い音にすればいい!
先生のお手本のすぐ後に弾くとうまくできるというのも、
今聴いたばかりの音が頭の中に鮮明に残っているから、それに少し似た音が出てくる。

アーチェリーでも似たようなところがあって、
練習しながらあーでもない、こーでもないと色々考え始めるとたいてい更に悪くなり、
そういうことを全部考えるのを止めて、ただ「うまく射っている自分」をイメージしながらやると、
いっぺんに直ってしまったりします。

こういうことを考える時、わたしがやってみたいことはコレなのだなぁ~、と思います。
ヴァイオリンやアーチェリーだけでなくて、「わたし」についても。
「こころの中で思う自分が、実際の自分になる!?」というのをやってみようとしています。
この「こころの中で思う自分」というのが、
自我先生に邪魔されたりしてよく分からなくなってしまうことも多いけれど(本末転倒!!)
ここから抜け出すために、やすらぎの部屋に行ったり奇蹟のコースを読んだりします。

ヴァイオリンもアーチェリーも「わたし」自身も、みんなおんなじなのだな~と、
面白いところに気が付いたなぁ~と、ひとりでニマニマとにやけてしまいます 


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/88-fb72747f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫