FC2ブログ

藤田嗣治(レオナール・フジタ)展

 2018-09-19
少し前になりますが、9月の始めに友人に誘ってもらい、上野の東京都美術館の藤田嗣治展へ行きました。

美術館は好きですが、見たいものがあってもいつ行こうかと思っているうちに会期が終わる…というパターンが多く、誘ってもらってありがたかったです。気が合う人、感性が似ている人は、観終わってから感想を話すのも楽しい。

藤田嗣治は名前を聞いたことがある程度の知識しかなかったのですが、たくさんの絵を通してどんな人だったのか、わたしなりに理解ができた気がします。住むところや奥さんが変わると作風が驚くほど変わる。作風が次第に変化していくことはどんな作家にもあることですが、この方は行ったり来たり、全く別のものが現れたりする。

その時の「今」にとても素直な人なのだな。自分の作風とか技法への執着は感じられません。変化に富んだ人生だったために作風もそうなっている。「油彩」といってもこんなに違うものかと感じる。住む場所が変われば、ともに過ごす人が変われば、心の景色が変わるもの。自分を偽らない、純粋な人なのだろうな。

生涯を通して変わらないのは髪型やメガネのスタイルと、画家であり続けたこと、情熱を持ち続けたこと。わたしはちょうどこの人と入れ替わりでこの世に生まれたと知りました。亡くなった翌日がわたしの生まれた日です。不思議なご縁をちょっとだけ感じます。

何かを観てきた後はいつでも、「そしてわたしはどうするの?」と問われているような気持ちになります。誰も何も問うてはいないのに(笑)。自分は思いついていろいろなことを始めたり辞めたり中断したり…、いつも忙しい。一貫していることは何となくあるけれど、まだ言葉にするのが難しいです。←いつでも道の途中なので年齢に関係なく「まだ」です。

これまで一貫していることがあるとすれば、諦めが悪いので、いつも何かを見つけて取り組んでいることかな。だって「そしてわたしはどうするの?」と心の中で声がするから(笑)。

藤田嗣治展 東京都美術館で10月8日まで開催しています。わたしは裸婦がふたり横たわる「砂の上で」という画が一番好きでした。


IMG_9147.jpg

※追記

1946年帝国劇場での『白鳥の湖』日本初演の舞台美術は藤田嗣治によるものだったそうです。わたしにとって、とても身近なことであったのに不勉強でした。この記事を書いてすぐ後、他のことを調べていて知りました!
たくさん思うことがあり、今はその膨らんでくるモクモクした雲のようなものと漂っている感じです。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/868-831e893b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫