初心者ではない?

 2011-11-05
ヴァイオリンの展示会というのに出かけていくのが好きのですが、
そこで楽器を弾かせてもらうのが苦手です。
まだまだ思うように弾くことができないので、まずは言い出しにくいし、
それをクリアしても、何を弾いたらよいのかマトモに弾ける曲がないし…。
難しそうな曲をバリバリ弾いている人を見ると、本当にもう自分は場違いだと引いてしまいます。

が、しかし!
今、弦楽器フェアというのが開かれていて、今年もそこに出かけようと思っています。
先日のレッスンで「行ってもどうしたらいいのか分からないんですよね~」と先生に言ったら、
「片っ端から弾いてください(^^)」「一番高い楽器を弾いてきてください(^^)」と。
一番高い楽器を弾かせてと言うのは相当勇気がいることです…。
「初心者ですが、勉強のために弾かせてもらいたいと言えば良いですかね~」と言ったら、
「こういう音を出せる人は、もう初心者じゃないです(^^)」と嬉しいことを言ってもらいました。 

ものすごく嬉しいのですが、照れてしまうし、ビックリするし、
相変わらず素直じゃないわたしは、
「ちゃんと曲が弾けません」とか「音階でも音が外れます」とか、言ってしまいました(^^;)

ヴァイオリンを弾くというのは、良い音を出す(わたしはコレが好き♪)、正しい音程で弾く、
曲が弾ける、楽譜を理解して弾く…、他にもあるかもしれませんが、こういった別々の能力が必要で、
それぞれが同じようにバランス良く発達していくわけではないのだと思います。
そう考えれば、ヴァイオリンを弾くということ全般については全く自信がありませんが、
ヴァイオリンの「良い音を出す」という点については、もしかしたら初心者ではないのかもしれません。

弦楽器フェアは去年一度行ったことがありますが、
片っ端から弾こうと思ったら、いちいち肩当てをつけているのは大変だし、
肩当てが置いてないかも知れないと思い、今日は肩当てを付けずに弾く練習もしてみました。
(片っ端から弾くつもりなのか?自分。いやいやそれはムリ…(^^;)

やってみたら、想像していたよりも難しくなく、
「カノン」の速いところも弾けたし、ポジション移動もできました。…なんでだろう?
肩当てを外しただけで、楽器がいつもよりも数段良く響いています。
肩当てが楽器の振動を止めていたというのが実感できました。でも、あったほうが弾きやすい(^^;)
弦楽器フェアで、どんな楽器に出会ってどんな音が出るか楽しみデス。


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/86-18f460f6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫