FC2ブログ

調子が戻ってきたと言ってもらえました

 2018-07-06
昨日はヴァイオリンのレッスンへ。肩の調子が良いときに以前のような弾き方で弾くリセット計画は少し進んだものの、また練習の間があいて課題は振り出しに戻ってしまっていました。リセット状態は維持できていたので、まずはそれが重要だと思いながらも、レッスンの日が近づくにつれ焦る気持ちが出てきます。(いつも通りのことですが)

出先から戻りバタバタと練習を済ませレッスンへ行く電車の中で座ったら眠たくなって、乗り換えても座れてまた眠たくなって、それが良かったのか、頭の中がスッキリとした状態になりました。肩のサポーターをしないでレッスンへ行くのは初めてだったのですが、重音シリーズ2巡目のクロイツェル32番を弾いても、ツィゴイネルワイゼンの冒頭をガシガシ弾いても、肩が外れてしまうことはありませんでした。良かった。

クロイツェル42番まで終わった後に32番に戻ると、初回よりも少し進歩していました。「クロイツェルの32番以降をこなすためには、いろいろ解決できないとそもそも弾けませんので、ひと通りやったということはそれができたということです。(^^)」自分ではあまり解決できている実感はないので他人事のように首をかしげる様子を見て、先生がそう言いました。

わたしは楽譜を見てもシステマチックに頭の中で整理して考えられないので、どうやって弾いているのか自分でもよく分らないのです。楽譜にたくさん指の番号や暗号(笑)を書き込んで、それを見て音を出しています。これもひとつの解決策ではあるかもしれません。

もちろんまだまだ音程は怪しい部分も多く、「カールフレッシュでガリガリ音程の練習はやりますので(^^)」と。以前からチラチラと聞いていたカールフレッシュの音階教本(たぶんわたしの苦手なタイプ、笑)について具体的なお話しが出ました。ん~、先のことはあまり考えないことにしよう…。

ツィゴイネルワイゼンは長く練習するうちに気後れする部分はかなり減ってきました。力加減が普通っぽく戻ってきたので、それに伴い少し線の太い音が出せるようになっているかもしれません。レッスンの後「うん、かなり調子を取り戻した感じがありますので、非常に良いです(^^)」と言っていただけました。

レッスン前には追い詰められたような気持ちになってしまいますが、それが取り越し苦労だったと感じることの方が多いです。音程や左手、右手、技術的なことを個別に考えるよりも、どんな心持ちでどういう音を出そうとしているかがより重要なことかもしれません。音楽は伸びたり弾んだり膨らんだりしぼんだりする柔らかいもの。弾くことに夢中になっていると、体中に力が入って硬くなり、息を止めていることもあります。わたしももっと柔らかい伸び縮みする気持ちと身体でいようと、昨日も今日も練習をしながら思いました。

これから暑くなるのと同時に仕事が忙しくなっていくので、夏の終わりには調子が悪くなってしまうのが常でしたが、なんとかそうならないようにしたいな。ヴァイオリンの練習をすることももちろん必要ですが、それ以上に調子を崩さないことが最も大切なことだと今さらですが改めて思います。

昨日かなり力を入れて弾いたからか、今日は左手が動かしにくくなってあまり力が入りません。でも練習するとそれなりに弾けるので調子を見ながらやっていくのが良いかもしれません。仕事の予定やヴァイオリンの課題を進めることや、新しく増えた放送大学の勉強など、なんでも重たく負担に感じてしまうクセを改めて、軽やかな気持ちで進めたいと思います。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/855-4d84b5d4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫