FC2ブログ

以前に近い音になりました

 2018-06-15
水曜日にヴァイオリンのレッスンへ。少し間があいて1ヶ月ぶりになりました。

朝から退院後の診察のために、神経内科と整形外科の肩の先生に会いに行き、午後から急遽検査が入ったので一旦家に戻り少しヴァイオリンの練習をして、再び帰ったのはレッスンへ行く30分前というバタバタの一日になってしまいました…。

家での練習ではリセット計画として、肩が亜脱臼の方向へ動いてしまわないように関節の位置を維持しながら弾くということを意識していて、少しずつまともな音が出るようになっていました。重音もそれなりに弾けるようになり、課題のクロイツェル42番の残りも最後まで進められました。

「様子を観察するのが仕事ですので(^^)」といつもおっしゃる先生には、わたし以上に変化が分かるようで、体調が良かった前の頃のような問題ない弾き方になっていると言ってもらえました。検査で肩の関節に造影剤や麻酔を入れてCTとMRIを撮ったので、レッスンの時にも少し痛みや肩の動かしにくさが残っていたのですが、それでもこの前までよりはかなり良い状態だったようです。

ヴァイオリンを弾くのは肩や腕だけでなく、体幹の筋力も大きく影響するのだろうな。この前までは腹筋が超絶弱くて、朝起き上がるのがかなり大変で工夫が必要でしたが、今は寝ぼけていてもスッと、知らないうちに起き上がれるようになっています(笑)。レッスンの後、先生のお宅のドアを軽々と開けられたので、先生もわたし自身も(笑)ビックリしました。(大変な時は先生に開けるのを手伝っていただいていました。)

調子が良いときにその感覚を定着させられるように、レッスンの内容をアレンジして進めてくださいました。ヴィブラートをかけてメロディーを自然な音で弾けるようにというもので、この前までは左手を一生懸命に動かさないとそれらしくならなかったのですが、調子が良くなっても同じように動かしてしまい、やり過ぎ感満載になってしまいます。

「今の状態であれば、左手をエレガントに使うという意識だけして、あとは出てくる音に任せて(^^)」。そう言われて弾くと無理のない伸びやかな音(当社比)になって不思議です。こういう弾き方で上手く音が出るなんて、今まで調子が悪くて分らなかったけれど、わたしはもしかして本当は上手になっているのかもしれない。(これも当社比ですが、笑)

クロイツェルはこれで一応全部最後まで音を出してみたことになり、本当に音を出しただけではあるけれど全部のページに書き込みしてある状態になりました。カイザーのように1番から順番に始めていないことと、終わらせて開放されたい(笑)という気持ちが無くなったことで、いつから始めたとか終わったとか気にならなくなっていますね。次回からは重音シリーズの32番以降の2巡目をやります。

レッスンが終わってから先生と少し音楽のお話しもできて、レッスン前は病院疲れでグッタリしていたのがすっかり元気になりました!


201806151059107b3.jpeg



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/850-18a105dd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫