FC2ブログ

教会でのパイプオルガンコンサート

 2018-05-25
先週、教会でのパイプオルガンのコンサートを聴きに行きました。2月のヨーロッパ旅行でたくさん教会へ行ったのに、パイプオルガンの音を聴く機会がなく、残念に思ったので。

201805220725301a5.jpeg


会場のカトリック東京カテドラル関口教会の聖マリア大聖堂は、とても素敵なモダンな空間で、一度友人の案内で訪れたことがあります。ヨーロッパの古い教会とは全く趣きは異なりますが、あの場所でのオルガンの演奏会をとても楽しみにしていました。

教会の聖堂というのは、正面の祭壇に向かって硬い木の長椅子が並べられており、パイプオルガンは後方の上方2階に設置されていることが多く、カテドラル教会の聖堂もそうでした。開演ベル代わりのふんわりとしたメロディーに続いて演奏が始まりました。オルガンの方を振り向いても演奏する場所はオルガンに隠れて見えません。みんな正面を向いたまま、ただ演奏に聞き入ります。

聖堂の照明は開場中から変化することなく、祭壇の上方から強めのライトが斜め下に向けられていました。オルガンの音がその光と共に頭の上から降り注ぎ、これまで味わったことのない心地良い感覚でした。わたしは前方3分の1くらいの位置に座っていましたが、前のお客さんたち皆さん、背中を伸ばして心なしか視線も上向きになっているように見えました。

あの聖堂の空間のせいか、とても清々しい響きで、音色も豊かでこれまで聴いたことのない色々な音がありました。曲によってライトが暖かな昼の日差しに感じたり、夕暮れに感じたりしました。誰でも知っている(深刻な場面の音楽で良く使われる)「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」の出だしの部分は白昼の稲妻のような、もしかしたら啓示体験というのはこんな感じなのかもしれないと思ったりしました。

プログラムの最初の方にあった「前奏曲とフーガ ニ短調 BWV539」は、あれ?聴いたことがある!と思ったら、無伴奏ソナタ1番BWV1001のアダージョとフーガでした!アダージョの部分が前奏にあたり、ヴァイオリンで弾く時のような雰囲気とは違い、バロックヴァイオリンの即興演奏のように流れるような演奏でまさにイントロ的で、フーガはオルガンでも弾きごたえのありそうに聴こえました。ヴァイオリンでのフーガは改めて良くできている曲なのだなと感じました!

ずーっと前を向いたまま、拍手をするタイミングもなくジーっとしていて身体が痛くなり忍耐が必要でしたが、演奏が終わってロレンツォ・ギエルミさんがオルガンの横から現れると拍手が鳴り止まず、アンコールは2曲演奏してくれました。とても良い演奏会でした。行って良かった。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/845-21693f9b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫