FC2ブログ

音は意識を持っていったところにいく

 2018-03-30
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。急に初夏のような陽気になり、レッスンに向かう道すがらヴァイオリンケースに日が当たるのがちょっと気になったりして。

このところクロイツェル41番とツィゴイネルワイゼンの好きなフレーズをかなりムキになって練習していました。左手を広げるとか細かいヴィブラ―トのために一生懸命に動かすとか、音楽の練習というよりも筋トレやリハビリのようなことです。そういうことは本当に継続が必要で、帰ってから夜中に消音機をつけて弾いたりして頑張ったのですが、レッスンでは自分が思うようにはなかなか…。

41番は半分弱までしか進まず音も苦しい感じでしたが、先生は「かなり難しいのでこれだけできていれば十分です。むしろかなり良くできています(^^)」と言ってくださいました。ツィゴイネルワイゼンは「この部分については相当良いので大丈夫です(^^)」とも言ってくださいました。レッスン中もそのことを聞いていたのですが、後からレッスンの録音を聴いて改めて認識しました。

いつもできないことにばかり気が行ってしまって、先生が良くできていると言っていることに気が付きません(笑)。どれだけ自分はもっとできるはず!と思っているのだろう。言ってくださった評価をしっかり受け取ろう。もちろん現時点ではとか、わたしにしてはという注釈付きなのは承知しています。

ツィゴイネルワイゼンのこの部分は、どうやって弾くかの計画がハッキリしてきたので、できないことがよくわかるようになってきたのです。他の部分はまだまだ自分なりの計画がハッキリしていないので、できないことも良くわかっていないもかもしれません。

ついつい内向きな音になってしまうのを「もっと後ろの方の人に届くように、もう一段演奏者から音が離れた方がよいと思います(^^)」と。視線を上げるとか意識を遠くへやると、音もそういう音になる。
わたしはつい目をつぶってしまうのですが、目を閉じて弾くことは見る以上に無限に遠くへ意識を持っていくことができる反面、無限に近くにもなるとのことです。家でやっているように目をつぶって遠くに意識を広げたらそういう音になりました。狭い部屋で練習しているとその部屋のサイズに合った弾き方になってしまうし、もともと自己探求型思考回路なので気を付けないと音も深く深~く潜って行ってしまいますね。

レッスンの帰りに近くの桜を見に行きました。お花見にすっかり出遅れていたら少し満開を過ぎた樹もありました。でもやっぱり来て良かった。


20180330095053b6e.jpeg


IMG_8469.jpg



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/836-4f268297
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫