FC2ブログ

大好きなフレーズ

 2018-03-16
先回のレッスンから1週間くらい妹ちゃん(少し軽い方のヴァイオリン)で練習した後相棒くんに持ち変えて弾くようになり、昨日のレッスンは相棒くん持参で行きました。レッスン前に家でボーイングの練習を始めたらまた弓が跳ねて直らなくなり(特にE線の下げ弓)、右手も調子が悪くなってきたのでは?と、弓を置いて手を動かしてみたりして少し深刻な気持ちになったのですが、ただの気にし過ぎだったようでレッスンでは大丈夫でした(笑)。

今回はクロイツェル40番の残りとツィゴイネルワイゼンのわたしが大好きな部分を重点的に。何度も書いているように、わたしはツィゴウネルワイゼンをさらさらと弾けるような腕前では決して無いのですが、練習のための課題として曲にもサラサーテにも敬意を払って取り組ませてもらっています。

超絶技巧の部分をそれらしく弾くことは困難ですが、ミュートを付けて弾くこの部分は音の並び自体は難しくなく、だからこそ別の意味でとっても難しいのかもしれませんが、それなりに弾けるようになりたい。ツィゴイネルワイゼンを練習するのはただここをやりたいからといっても過言でないくらい、好きな部分です。

先生はフレーズの組み立て方の計画や、弓の使い方、ヴィブラートのかけ方、強弱などを論理的に、それに加えてどういうイメージをもって弾くかということもお話ししてくれました。こういうメロディーはつい、気持ちよく情緒的に弾けば良いような気がしてしまうけれど、気持ちよく情緒に浸るのは聴く人の側であって、弾く側には違う役目があるのです。

先生のお手本を「あぁ~、こんなふうに弾けたらなぁ~」とウットリしてしまうのだけど、自分でそれをやろうと思ってもマネできません。「どこがどうだったかというのはすぐに忘れてしまうものです。聴いた時にどんな風景が見えたかということの方が確かなことです(^^)」イメージ&妄想先行型の自分にはそう言っていただけることはすごく助かります。

どんな弾き方・イメージが良いのか、正解というのは無いけれど、先生が言われることとわたしのイメージはそれほど違わないと思うので、本当にそういうふうにできたらなぁ~と思います。レッスンの録音を聴いたら、自分の弾く音が少しずつ変わってそれに近づいて行くのが分り、幸せです。

言われたことがその場である程度できないと、なかなかこういうレッスンにはなりません。それには事前にある程度まで弾けないことには話しにならないし、言われたことを音に反映できる技術や頭の柔らかさも必要ですね。ん~、それにはやっぱり自分で練習することだなぁ…。当たり前過ぎることを今さら思います。

レッスンの行き掛けに通ったパン屋さんで気になったもの、帰りにまだあったので買って帰りました。


201803161239567a3.jpeg



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/833-bc2b30bc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫