FC2ブログ

わたしは指が開く人なのかも

 2018-01-26
昨日はヴァイオリンのレッスンへ。今年に入ってからは仕事がヒマヒマなので、レッスンを2週間に一度の通常ペースに戻しています。時間があっても2週間で課題を終わらせることはやはりプレッシャーですが、難しそうな曲の場合は「最後まで終わらなくても良いです(^^)」といっていただいているので、それに甘えて無理やり最後まで頑張ろうとしなくなりました。

今回はクロイツェル39番。見るからに嫌な感じのする楽譜で、特に難しいのが人差し指を押さえたまま残りの指を遠くへ広げて弾く部分。そのパターンが何度も出てきます。肩が外れそうな場合は無理にやらなくて良いと言ってもらっていて、自分でも気を付けていましたが、つい肩を捻る方向へ力が入ってしまい、肩が外れてその日の練習が強制終了…というのを3回ほどやってしまいました。装具していても外れなくなるわけではありません。そんなことやっていて、更に進まなくなってしまうのですよね…。

もう肩はとても緩くなっているのでそれほど痛くならないし、すぐに自分で戻せなくても静かにしていれば緊張が取れて戻るので大事には至りませんが、なるべくなら避けたい。で、肩を捻らないように肘の位置を動かさずに人差し指と小指を開いて押さえることにしました。最大に開くのは、例えばA線のシを人差し指で押さえ、D線で同じ高さのシを小指で押さえるという遠さです。

肩が外れるのは怖いので必死で指を開くと何となく押さえられます(若干他の弦を触ってしまうけれど)。レッスンが強制終了になるのは避けたかったのでそうやっていたら、先生には苦労なく指を開いて押さえているように見えたようで感心されました!他の人はもっと大変そうに押さえて、それでも届かない人もいるそうです。先生ご自身も肘を入れないと届かないとのことでした。

何がどうしてわたしは届くのか(それでも大変ですが)、自分では分らないけれど、わたしが他の人よりもできることがあるなんて!普段できないことばっかりなので、すごく不思議な気がします。できないことはできるようになるために「なんでだろう?」と考える必要があるけれど、自分で不思議であってもできることは考えなくて良いので、検証はやめておきます。

と言いながら、家に帰ってからどうやらわたしは指を反らすのが得意だからそのせいか?と思い、家にいた息子に同じように指が反るか見せてもらったら、あれ?同じくらい反る??「遺伝じゃね?」と言われて、ん~、親子だからそうかもね。他の人はどうなんだろう?

左手自体は今でもやっぱり右手よりも動きが悪く、握力も右の半分くらい。グーパーしたり、親指側から指を一本ずつ開いたり閉じたり、小指からもやったり、グーにしたまま手首を曲げたりのばしたりしています。病院でのリハビリは肩だけなので手のことは自分でやらなければと最近気がついた(笑)。

ツィゴイネルワイゼンがなかなか上手くいかないのは指の動かし難さや力の入り具合にも問題がある。音程がふにゃふにゃしてしまうのは、指が動くのと一緒に手首や腕がいちいち動いてしまっていて、どこにもよりどころが無かったのも原因のひとつだろうと思います。これまではそれにさえ気がつかないくらい何がいけないのか自覚できていませんでした。

フラメンコの踊りのように…、捻りながら回転する動きのようなイメージ…、大袈裟な音程…、ツィゴイネルワイセンはできるようになったら本当に面白いと思います。できなくてもそういうことを練習するのは今の段階でも楽しいです。


20180126084536d68.jpeg  大雪の翌日の太田黒公園



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/825-ce794691
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫