FC2ブログ

たどり着くのは自分に必要なこと

 2018-01-22
来月の中欧旅行に関連して、チェスキー・クルムロフという場所について調べていたら、「ロマ」という言葉を見つけました。

ジプシーという言葉には差別的な意味合いがあるそうで、それに変わるのがロマということのようです。ツィゴイナーとか ツィガーヌもジプシーと同じニュアンスなのではと思います。他のことを調べていたのに、気になることの行き着く先はは音楽に結びつくことでした。いえ、わたしが音楽に興味関心があるので、なんでもそれに結び付けて考えてしまうのでしょう(笑)。

「ツィゴイネルワイゼン」も「ツィガーヌ」もヴァイオリンでは有名な曲ですね。情熱的だったり激しかったり、わたしのようなあっさりしたそっけない弾き方では成り立たないような曲です。自分の中に情熱的な何かを探して掘り起こしている最中です(苦笑)。もっと血が騒ぐようなエネルギッシュな感じにならないものか…。(それ以前に問題山済みなのは承知していますが)

情熱的なそういう血が流れている人が弾いたらどんなふうになるのだろう?そう思って探したら、シャーンドル・ラカトシュ(Sándor Lakatos)という人のチャルダッシュをみつけました。(弾いている映像はありません)




でも、ラカトシュで検索すると出てくるのはこちらのロビー・ラカトシュ(Roby Lakatos)の方が多いです。さっきのシャーンドル・ラカトシュは彼の叔父さんらしいです。こっちのチャルダッシュ、もうすご過ぎて笑うしかない(笑)。




目をつぶってもう一度聞き比べたら、最初のシャーンドル・ラカトシュ叔父さんの方がとっても好き。ヴァイオリンを始めたころ「踊るように歌うように遊ぶようにヴァイオリンが弾きたい」と思っていたけれど、それはこういう音楽なんだよな~。今、その希望を取り下げた訳じゃないけれど、そんなふうに弾きたいと思うと同時に身体のどこかに緊張感が走るのを感じます。まずそこが違うのよ…。

ツィゴイネルワイゼンを弾いているのはありませんでした。他の、なんだか濃い目のお姉さんが弾いているのを見つけて参考にしています。いつまでたっても全然それっぽくならないので、この前のレッスンで先生がわたしに分かりやすい踊りや動きに例えてくださいました。何となくでも、ちょっとでも、そんな雰囲気でできるようになりたい。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/823-8d45ff15
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫