FC2ブログ

ヴァイオリンシェア会終わりました

 2017-11-19
昨日はヴァイオリンシェア会でした。昨年の7月に初めて開催して、今回は3回目です。


IMG_6687.jpg


わたしの謎の企画に乗ってくれる優しい友人たちが来てくれました。いつも本当にありがとうございます。その人たちの前で弾くことは何も怖くないはずですが、やっぱり緊張します。習い始めの頃のように弓が震えたり足が震えたりはしなくなってきましたが、もともとパーフェクトに弾けたためしがないままの本番なので事故多発でした。

自分が思うような演奏がしたいと思う一方で、今回のシェア会はわたしのパフォーマンスの場ではなく、来てくれた人の前に曲を差し出すのがわたしの役目とも思うようになりました。黒いワンピースを着て、本当の音楽の人(笑)のようでもあるし、いつも黒い格好してやっている裏方のような意識もありました。

これまでは失敗したらどうしようとか、何となく恥ずかしいとか気後れがするとか、自分のことばかり考えていたのだなぁ。それはわたしが苦手な自己顕示の強い演奏と、自分のことを考えているという点では変わりない。ようやく外側に意識が向いてきたのか、思うように弾けなかったとしても何かが伝わることはあると、自分の役目を果たすことに専念しようと決めました。

それぞれの自己紹介の後、シェア会の趣旨と、あとで感じたことなど話してもらう時間があることと、でも聴きながら何かを探そうとしないで、楽にそのままでいてくださいとお話ししました。クレーメルの演奏を聴いても心が動かないこともあるんだ。心が動くこともあるれど、そうでなかったとしてもそれは聴く人のせいでも演奏する人のせいでもないのだろうと思います。

弾いたのはリクエストしていただいたセリーヌ・ディオンの「To Love You More」と、他にウォーミングアップ代わりに「ユーモレスク」と、来てくれた人とわたしのために「見上げてごらん夜の星を」の3曲です。

リクエストの曲は、その都度わたしの中での意味合いが違っていますが、今回はリクエストしてくれた友人の魅力(あたたかさや可愛らしさ、お茶目な感じ、情熱的な強さなど)を音にしたかった。不十分な演奏でしたが、分かってもらえて嬉しいです。「わたしのままで良いと、強く背中を押してもらったように感じます」と言ってくださいました。

「見上げてごらん夜の星を」は部屋を暗くして聴いてもらいました。明るい部屋の中の目の前でわたしがヴァイオリンを弾いていると緊張感が伝染してしまうし、逃げ場が無い感じで苦しいだろうと思うのです。何となくお互いに安心した心持ちで静かな時間を過ごしました。時折わたしが音痴を発動して現実に戻されるのが残念だったかも。

いい年をしてヴァイオリンを始めたわたしのような人が、こうして好きなように自分の考えたことをやっているのは、特別な人でなくても好きに表現していいんだというお手本(笑)にもなって、期せずして役に立っていることもあるのですね。わたしも迷ったりウツウツしたりするけれど。

次回の時期はハッキリと決めてはいませんが、現時点では最低でも年に一度はやろうと思っています。あまり間があくとお尻が重くなってしまうので(笑)。


IMG_E6693.jpg



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/814-e6201acd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫