FC2ブログ

新しい美しい絵の具のような音

 2017-11-05
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。予定していた日に仕事が入ってしまい、この週末はお休みなので土曜日に変更していただきました。

肩が…といっているのにヴァイオリンのレッスンへ?はい。家で練習してみた様子では弾くこと自体はわりと大丈夫だし、2週間後のヴァイオリンの会で弾く曲を見ていただくことになっているので、何としてでも行かなくては。(←気持ちの上ではすっかりいつもの調子が戻っています、笑)

先月の中ごろから脱臼防止の装具?サポーター?を着けるようになっていて(それでも外れてしまうけれど)、無いよりはあった方がヴァイオリンを弾きやすいと、調子が悪いのを隠すつもりは全く無いのですが言い訳のような説明をさせてもらって(笑)、チューニングが終わったら、「では、いきなりですが…(^^)」と予定の曲を弾くように促されました。

これまでに何度もみていただいている鈴木の3巻の「ユーモレスク」と、先生には初めて聴いていただく曲を2曲。「ユーモレスク」も緊張しますが、自分で勝手に弾きたいように楽譜を決めて練習した曲を先生の前で弾くのはとっても緊張します。演奏の面ではもちろん、音楽としてもおかしなことをしているのではないか?と心配です。「すごく緊張しているようですが(^^)」と、何をやっても心の中を見抜かれてしまいます(笑)。

自分で迷っていたところを整理していただいて、曲ごとに弾く上でのポイントや起承転結の進め方についてお話しくださって、その場で言われてすぐにできたこととできないことがあったけれど、迷う部分が無くなってすっきりしました。自分がやりたいと思うことは音楽として特段変わったことではないのですが、思っているだけで音にできていない部分が多く、実際に音にするにはどうしたら良いかを具体的に示してもらい、わたしにはまるで啓示のように感じます。

先生が弾いて下さった音色がウットリするような音で、「わたし、そういうふうに弾きたいんです!!!」と言葉にはしなかったけれど、自分のパレットには無かった美しい色の絵の具を見たように感じました。どこかで聴いたことはあったかもしれない音だけれど、自分が弾こうという時にそういう音が頭の中に無かったら、相棒くんからその音が出てくることはありません。

レッスン中は普通に、いえ普段以上に弾いていたけれど、全部終わったらやっぱり肩がズレてしまっていました。まったくもう、困った生徒ですみません。すぐに治せない感じだったのでそのまま静かにおいとまして、電車の中で緊張を緩めたら何となく戻ったようです。

肩は戻ったけれど背中や首の緊張が戻らず気持ち悪くなってしまい、夕ご飯だけ頑張って作って食べずに寝てしまいましたが、12時間くらい寝て(若干寝過ぎ)、今日は元通り元気になりました。まったく何をやってるんだか。でもわたしの日常はこんな感じが通常通りなのかもしれません。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/810-476d4209
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫