FC2ブログ

悪い怖い夢を見ていたような

 2017-10-10
久しぶりのグルグル(苦悩)カテゴリーの記事です。グルグル苦手な方はスルーしてくださいね。

何度もリセットできたかな?と思ったり、わたしはもうだめなんじゃないか?と思ったりする日が続きました。外出している時や人と会っている時はあっけらかんとしているけれど、一人でいると起きていながら悪夢を見ているような…。時々正気に戻って、イヤ、これではいけないと思ったり…。

手や腕はそこそこ動くのだけど肩が痛いことが多く、ヴァイオリンを弾かない日もありました。やる気も元気も減ってきた状態で、練習やレッスンを休んでしまったらもうこのままになってしまうのではないか…?これが悪夢の中の一つです。何でもいつ始めてもやめても良いのだとこれまでの経験でわかったけれど、今までと同じペース、同じ熱意でヴァイオリンを続けられなくなることは今のわたしにはとても恐ろしいことです。

アーチェリーで、的に矢を放った時の清々しい感覚は今でも鮮明で、今後やることがあるかどうかはわからないけれど、離れてしまっても好きなこと。
バレエは小さい頃からとても好きで、14歳でやめなければならなかった時には一度人生が終わったように思いました。自分はもう踊る人ではないと心に決めて裏方になって、でもどうしてももう一度やってみたくて30歳過ぎて再開し、今度は本当に挫折して自分からやめました。今はまたバレエとは言えない程度ではあるけれど少し身体を動かしてみるようになって、こんな気持ちになれたことを嬉しく思っています。

そういう視点から見ると、自分がヴァイオリンを好きじゃなくなるなんてことは、どう間違ってもないのです。相棒くん(わたしのヴァイオリン)から良い音が出た時の嬉しい気持ちは自分がどんな状態であっても変わりません。それだけでも十分なんだ。いろいろ上手くいかないことがあって疲れてしまうことはあるけれど、それはほんの表面的なこと。その表面的なことが日常の中で大きな割合を占めてしまって悪い夢になっちゃうだけ。

だんだん正気に戻る時間が増えてきて、やっぱりこのままグダグダなわたしでいたくないと地道な根気が少し蘇りました。肩の調子がどうしても無理そうな時はやめて、そうでなければせめて後退しないように、できれば少しずつでも進むように。普段でも進んだと思ったら後退していると感じるのでそれもなかなか難しいけれど。

やらなければいけない課題や自分でやりたいと思っていることが、なかなか進められなくて苦しいけれど、練習して音を出しているその瞬間は嬉しいと感じることもあります。これしか進んでいないとか思うようにできないと考え始めると悪い夢に誘われてしまうので、考えるのはやめよう。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/803-430c7dd3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫