FC2ブログ

またD線が…

 2017-10-02
先日、オリーブのD線が切れたので心機一転をはかりA・D・G線をドミナントのweichに張替えたばかりですが、数日後ケースを空けたらなんとまたD線が同じペグボックスの中の糸が巻いてある箇所で切れていました!あー、シルバー巻きにしたのに…。

同じ箇所で続けて弦が切れるようなことはこれまでありませんでした。楽器の何かをいじったということもありません。弦が在庫処分品だからということでは無いと思います。続けて同じ場所でなので、こちらの何かが問題なのでしょう。ペグが戻らないようにペグポックスの壁に弦が当たるように厳しく巻いているのですが、それがきつ過ぎた?いえ、左手に力が入りにくいのでそんなに固くしてはいません。

レッスンの予約の際に先生にお知らせしたら「上ナットの潤滑不足では(^^)?」とのお返事。鉛筆の芯を塗りつけると良いとアドバイスいただいたので(駒の溝と同じですね)、今日新しい弦を買って、鉛筆ヌリヌリして張替えました。もう切れるなよ!!

ドミナントの弱い弦weich(ヴァイヒと読むようです)は現時点では良い感じに思います。普通のMittel(ミッテル)が良くなかった印象はないけれどバリバリとした感じはありました。weichの音は悪くないと思うのですが、この頃自分の耳をあまり信じられなくなっているので、今度のレッスンの時に先生にも評価してもらおうと思います。

妹ちゃん(2つ目のヴァイオリン)にはドミナントの普通の弦を張っていて、こちらは違和感も無く最初の時もそれほどバリバリした音が気になりませんでした。妹ちゃんはドミナントでも色気のある音がするような気がします。また妄想入ってますかね(笑)。若干ネックが下がっていて弦高もちょっと低いので、幸か不幸か左手で押さえるのは楽です。

ドミナントのweichは、指で押さえた感じはヴィオリーノに似ていて柔らかく感じます。左手に優しい(^^)。いろいろと難ありなので少しでも楽に弾けたら助かります。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/802-cae8519a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫