FC2ブログ

ゆっくり少しずつ

 2017-09-28
仕事が終わった次の日の月曜日に少しぼーっとしながらも、心を改めてヴァイオリンの練習をしようとケースを開けたらなんだか変な雰囲気。よく見たらD線がペグボックスの中で切れていました!糸だけが繋がっていたので、ブチッ!という感じではないのですけど切れてます…。仕方が無いので古~いオリーブのD線を張りかえました。

自分の腕前にはもったいないかもしれないと思いながらオリーブを使っていましたが、いろいろな現状を考えるとドミナントに戻すのが良いかな。ヴィオリーノという弦を以前使って、柔らかい音が気に入って新しい弦の在庫もあるのですが、レッスンでツィゴイネルワイゼンに取り組んでいることを考えると、ドミナントにした方が少しでもそれっぽくなるのではないかと思います。ちょっとでもいいから助けて欲しい…。

と思って弦の注文をしようとしたら、在庫処分品のドミナントがあるのに気が付きました。標準よりも強い弦・弱い弦だから残ってたのだな。相棒くん(わたしのヴァイオリン)には強い弦よりも弱い弦の方が合うような気がして弱いweichを買うことにしました。テンション弱いヴィオリーノも相棒くんには合っていたし。

だったら家にあるヴィオリーノで良いんじゃない?いえいえ、気持ちの問題なの、こういうのは。なんとなく気持ちがドンヨリしている時は気分転換が必要なんです。

昨日届いたので練習が終わってから張り替えてみました。在庫処分品でしたがD線シルバー巻きのセットがあったのでそれにしました。オリーブの弦と音のニュアンスはもちろん違うけれど、あれ?良いんじゃない?オリーブがかなり劣化していたのかもしれません。Mittel(普通の強さ)の時のようにバリバリした感じもあまりない。張りたてでこの感じだと、弾くうちに元気ない音になっていくのでしょうか?今日の時点では満足です。

良い音がする弦を長く使うよりも、まずまず良い音がする弦をこまめに張り替えて使った方が良いのだろうと、張替えて見てみて改めて思います。またいつか「ネコに小判でもいいからオリーブの弦を使いたい!!」と気持ちが盛り上がった時には奮発して使ってみたいと思います。


家の植物はわたしが疲れたり元気がなくなると枯れることがあります。去年の夏は大事にしていた多肉ちゃんが突然枯れました。今年は9月になってからミニバラの一鉢だけどんどん葉が落ちて気にかかっていたのですが、害虫や病気ではなかったのか、ようやく小さな葉が出始めました。良かった。何だかゴメンネ。ありがとうね。


201709261303414c7.jpeg

去年枯れた多肉ちゃんも、あきらめていたところ春になって活動し始めて、まだ小さいけれどプクプクと可愛い姿になりました。写真の後ろのほうでボンヤリ写っているのがそうです。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/801-5c0e9176
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫