優先順位を変えた結果…

 2017-09-22
昨日はヴァイオリンのレッスンでした。久しぶりにいつもの曜日のいつもの時間に伺いました。

8月が終わって仕事の区切りがついたはずでしたが、9月の始めに一息ついた後、また忙しくなってしまい家での練習計画がすっかり狂ってしまいました。一息期間にクレーメルの演奏会兼プチ旅行に行ったので、それも練習計画的には首を絞める結果に…。

以前は遅れを取り戻そうと頑張るのが常でしたが、今は身体を休めること、気持ちにプレッシャーをかけないことを優先しようと新たな試み中で、頑張らない自分を責めないようにしています。なんだか、ただのナマケモノの自己弁護のようですが(笑)、一番大切なことは心身共にまずは健康でいることだとようやく気付いて、仕事が続いた次の日には一日寝ている時もありました。

練習はしても断続的なことが多くて、少し間があくとまた「何だっけ?何だっけ?」と進みません。続けて練習できている時でも前の日よりも次の日の方が弾けなくなっている時もあって、それを何日か継続するとようやく少し弾けるようになるのだなぁと、改めて感じています。

レッスンでは、先回上手くできなかったクロイツェル34番の後半と新しい35番の前半を。家ではもう少しマシに弾けた日もあったのに、どちらも右手に力が入ってギコギコした苦しい音になってしまいました。左手は、ヴィブラートはわりと普通にできたのだけど、手を広げて一度にたくさんの弦を押さえるのがいつも以上にできませんでした…。

充分にできるようになっていないままレッスンで見ていただくのは先生に申し訳ないな…と思っていますが、夏以降は毎回そのような状態が続いています。わたしの音が潰れていたので「これで少し音が出やすくなったと思います(^^)」と駒の傾きを直してくださいました。「(練習不足のため)それ以前の問題で…、すみません…。」と言うと、「さっきのでは仮にボーイングがちゃんとしていても音が出辛かったですので(^^)」と。上手くできない原因を他にも見つけてくださって救われます。

次回のレッスンまでにはもう少し練習できる予定です。時間的に余裕もできるし、良く休めば意欲も戻ってくると思います。気持ちにプレッシャーをかけないためにこそ、日々の地道な練習が必要です。練習できないから追い詰められた気持ちになるの…(笑)。

意欲が少なくなっているのは事実ですが、倦怠期と言うとそれが定着してしまいそうだし、そういう状況に理由や原因を見つけることには意味がありません。いつも同じくらい意欲的で元気でいることの方が、不自然なことかもしれないな。時間を見つけて(つくって)ヴァイオリンを弾く。それをただたんたんとやりたいと思います。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/800-2784b4b1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫