ヴァイオリン体験していただきました

 2017-08-11
今日は初めてヴァイオリンを触るという方が、このブログを見てヴァイオリン体験に来てくださいました!全く面識のないわたしのところへ、未知の楽器(ヴァイオリン)を体験にくるというのは勇気の要ることかと思います。本当にありがとうございます。

ヴァイオリンを構える、弓を持つ、音を出してみる。どれを取っても本当はとっても難しいことかもしれません。でもとりあえず触ってみて音を出してみる。ヴァイオリンを持ったら想像よりも軽かったとか、音を出したら身体にも響くとか、そんなにギコギコした音じゃないんだ…とか、やってみなければ分からないことがたくさんあるのですから。

初めてヴァイオリンを触る人に立ち会うのがわたしで良いのか、わたしのヴァイオリン(妹ちゃんを使ってもらいました)で良いのか、と思わなくもないけれど、音楽エリートではない40歳過ぎてヴァイオリンを始めた「本物の一般ピープル」だからこそできることもあるのだと教えてもらいました(^^)。

ヴァイオリンを好きになってもらえたら嬉しいけれど、それはご本人が決めること。ヴァイオリンを習ってもこれで完成ということはないし、一気に夢中になって気が済んでやめる人、何となくフェイトアウトしてしまう人、事情ができて続けられなくなる人、細々と続ける人、中断してまた始める人…、いろいろですね。

わたしはヴァイオリンは細々と続けている人かな(笑)。バレエも舞台の仕事もやめたけれどまた始めた人。アーチェリーは夢中になって気が済んだ人。どれもいつやめてもまたいつはじめても良いのだといろんな経験から分りました。そう思うと気が楽ですね。

ヴァイオリン体験、あまり宣伝してはいませんがいつでもご利用可能です。こちら「誰でもヴァイオリン体験」に詳細やお申込み方法のご案内があります。PCでご覧の方は右側の「誰でもヴァイオリン体験」の写真からも同じページに入れます。ご興味ある方の目に留まったら嬉しいです。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/790-8500ba9f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫