ヴァイオリンを普通に持てるようになりました

 2017-07-31
週末の仕事が終わった月曜日は、いつもながらたくさん寝て、夕方にも眠たくなってちょっと寝て、その合間に家のことをして、ヴァイオリンの練習もしています。今は肘を支えなくてもヴァイオリンを構えられるようになってきています。あまりたくさんできないし、まめに休憩が必要だけど。

明日はレッスンに行くのでいろいろ頑張ってみましたが、肩や腕がプルプルしてしまう&痛くなっちゃう&指がまた動かしにくくなっている…。練習不足というのもあると思います。ん~、できることをできる範囲でやるしかない。でもできるようになる日は来るのでしょうか。

このところ少し軽い方の妹ちゃん(2台目のヴァイオリン)で練習していましたが、今日はいつもの相棒くんで。前からやろうと思うだけでできていなかったE線を張り替えて、音を出しながら駒の傾きと位置をほんの少し直して、A線のペグの緩み防止をやりすぎ動きが固かったのを直して、楽器の調子は良くなりました~。

昨日の仕事はオーケストラと一緒で、ラヴェルの曲のコンサートマスターさんのソロがステキな音でした。軽く伸びやかで、繊細で美しい音でした。わたしが出す音とは純度が違うというのかな。今日、練習の始めに思い出してみたけれど、わたしとは何もかもが違うのだな。違いが分らないよりは良いですね。

楽譜に重音しか出てこないクロイツェル33番をたどたどしく練習しています。どうしても手が辛くなって困難なのは、G&D線の重音部分やハイポジションのところだということに今更ながら気が付きました。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/787-a4708424
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫