ヴァイオリンのためにバレエを

 2017-07-18
先週、バレエストレッチサークルの練習日がありました。
左肩の調子が戻らず腕を上げることができないので、一瞬「どうしようか?」と思ったのですが、もともとできないことを無理にやらずにレッスンできるところが無いという理由で始めたこと。こういうときこそ、それを活かしてわたしなりにやれば良いのだと思い直しました。

以前、初バレエを体験してくれた友人が、また来てくれました。元々バレエが好きでやっていた人ではなく、こういう方が1度だけにならずまた参加してくれることはとても嬉しいです!「暑くて日常的に運動不足になってしまっているから」ということでした。

わたし自身も調子の悪いのは肩や腕だけなのに身体全体が悪いような気がして、家でストレッチをする気力も無く消極的な気持ちで過ごしていました。着替えて広いスタジオでレッスン用の音楽をかけたら、それだけでかなり気持ちが自由になって呼吸も楽にできる気がして、お休みにしなくて良かったと思いました。

自主練のお手本としては不十分だったかもしれないけれど、無理なことはやめて、それでもしっとりと汗をかいて身体に少しエンジンが掛かったように感じました。適度に身体を動かすのは気持ちいいな。生き物としてはこれが自然なことなんだろうな。たいして動いていなくても、ちょっと爽快感や満足感がありました。普段運動不足だからね(笑)。

「もっとヴァイオリンを思うように弾けるようになりたい」という動機でバレエの自主練を始めました。音楽に合わせて大きく身体を使うのを思い出したら、ヴァイオリンももっと大きく自由に弾けるのでは?ヴァイオリンのためにバレエを…というのは、なかなか理解しにくいことかもしれませんが、わたしにはとても筋の通ったことなのです。

バレエもヴァイオリンも自分にとっては同じもの。音楽を聴いた時に生まれる衝動のような何かを外側にあらわすためのものです。ヴァイオリンを練習するうちに技術的なことに追われてそれを忘れる。バレエの自主練はヴァイオリンで本当にやりたいことを思い出すのを助けてくれると思っています。

自主練の度に報告や今後の予告をするのは少しうるさいような気がしています。画面右側のピンクのバラの絵「バレエストレッチサークル」というのをクリックしていただければ、今後の予定や参加方法のページが開きますのでご興味ある方は見てくださいね♪



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/785-2103d368
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫