音を届けるには

 2017-07-15
習っているヴァイオリンの先生の演奏を聴かせていただく機会がありました。ギターのアンサンブルの会で、ヴァイオリンとギターの合奏でした。

自分が弾くのではないのにどうしてか出番が近付くと緊張して手に汗が(笑)。先生の演奏を心配しているということでは全くないのですが、何ででしょう?レッスンの時とは違う雰囲気で、エネルギッシュな演奏でした!他の人たちの演奏はかなり長いのが多かったので、あっという間に終わってしまったように感じました。もっと聴きたかった。

先生の楽器の音は調整をしたこともあってこれまでと全く違って、なんと表現したら良いか分らないくらいの違いです。表現力が増したというのか、なんというか、魅力的という表現しかできません。他の曲を弾いたらまた違う印象を持つのだろうな。

弦楽器フェアなどでヴァイオリンとギターをおなじ場所で見ると、ヴァイオリンは外に向かって、ギターは自分の世界の中でどちらかというと内向きで弾くというイメージを持っていました。ヴァイオリンは確かにそうで、遠くの客席の一番後ろの人に向かって…というのを身体の動きでできそう。(そういう動きをしても、実際に届くかは別かもしれないけれど)

ギターはそういう身体を使って遠くへ届かせようという動きができない楽器だなぁと思いながら見ていましたが、姿勢によらず遠くに音が飛んでくる人がいるのです。楽器の違い、技術の違いということだと思いますが、ギターを抱え込んで顔が下を向いていても音が届くことに影響ないのです。ん~、そうなんだ…。

届かせよう、響かせようとすること、なのかな?やっぱり観客の前で演奏する時には、こちらから「なになに?」と近寄っていかなくても、「こういうことが言いたいんですー♪」と届けてくれる演奏の方が親切だなぁと思いました。これは自分のために忘れないように書いています。

音楽用の小規模なホールでしたが、ロビーの座席図がかわいらしい。


__ (3)



でも、ホールの中2面がガラスになっている発想はわたし的にはちょっと…。演奏会以外の目的で使うことがあったらライトがハレて照明さん泣かせだなぁと、ロビーにあったチラシを思い出しながら思いました。余計なことですが。


__ (8)  良い天気過ぎて今日も暑かったですね。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/784-584a1868
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫