普段と違うレッスン

 2017-07-13
今日はヴァイオリンのレッスンへ。
相棒くん(いつものヴァイオリン)よりも少し軽い妹ちゃん(2台目のヴァイオリン)を、軽い方のケースに入れ替えて持って行きました。

普段通りに弾けない状態でレッスンへ行くことはこれまでもあったのですが、やはり、行って良いものだろうか?とか、先生を困らせてしまうのでは?と思わないわけではありません。でも、もしかしたら困りながらも、この機会だからできることを探して提案してくださることは本当にありがたいです。

左の手が上がらないので、下から支えるために脚を組んだ上に肘をついて弾く練習をしていましたが、ギターで使う足台を貸してくださいました。姿勢に無理が無く楽に弾けます。先生がわたしに合わせて足を組んで肘を付いて弾いてくださり、とても疲れる姿勢なのに、ああもう、本当にゴメンナサイ。

普段から肩が不安定なため肘からのヴィブラートは難しく、手首からのヴィブラートに専念するとお話ししてから、先生がレッスンでヴィブラートの練習のお手本を弾く時には、それまでと違ってわたしの前では何も言わすに手首からのヴィブラートで弾いてくれます。そういう先生です。いつもありがとうございます。

今日は右手の手首や指を重点的に。手首や指をたくさん使ったら弓の動きが滑らかになるのでは?と思ったら、その逆でした。言われた通りにやってみると、なるほど、そうでした!

左手の都合でポジション移動が上手くできないので、鈴木の2巻を使って…ということでしたが、久しぶりに見た楽譜は初見のように思えて、全然弾けません(涙)。以前かなりしつこく練習したはずなのに…。こんな自分が初見の知らない曲を弾けるわけがありません。激しく落ち込む…というよりも、やっぱりなぁ…という気持ち。

何かにつけて、いろいろと生産的でないことを考えるクセがなかなか抜けないな。あれで良かったのだろうか?と終わったことに思いを巡らせてしまうのは、仕事でもヴァイオリンでも同じかもしれません。次回のレッスンまでは仕事の都合で3週間あけてあり、練習できるのは実質2週間です。いろいろな意味でできるようになるのだろうか…?と、また余計なことを考えてしまいます。それとは別のどこかで、今だって普通に弾けそうな気がしている。やっぱりなんだかいろいろと調子がおかしくなっているかもしれませんね。


__ (3)

この前まで練習を助けてくれたピカチュウ(わたしのものじゃありません)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/783-39edd8b8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫