忘れてしまう前に

 2017-06-30
先週の水曜日に「ダメだ…」と断念してからヴァイオリンを触っていませんでした。仕事で長いときには5日間くらい弾かない時もあるけれど、時間が取れないのと弾くことができないのは少し違っています。

でも、ケースを開けて相棒くんの顔を見るくらいしても良いよね?と、ようやくそんな気になって、昨夜久しぶりに対面しました。弓を持ってエアボーイング(?)を少し。それから右手で楽器を持ってあごの下に入れ、ネックを譜面台のヘリに乗せて、目に入る風景が普段の練習の時のようになった。相棒くん(ヴァイオリン)はやっぱり眺めているのではなくて、わたしの身体と密着してひとつになっているのが幸せです。

クロイツェル33番をせっかく解読したというのに、それっきりご無沙汰してしまって忘れかけています。普段練習していても前日にやったことを次の日には忘れているので無理もない。今ならまだゼロにはなっていないだろうから、なんとか記憶を繋ぎ止めたいけれど、音を出さないと思い出せないのが困る…。

クロイツェルどころかまずは音を出すところからやらないと。ヴァイオリンの練習を自分に課すことはプレッシャーにもなるけれど、わたしの前向きな意欲の一部でもあるのだな~と改めて感じています。結局のところ、そうやっているのが好きなんですよ。だんだんいつもの気持ちが戻って来て、今日は怪しい格好で楽器を持って音を出してみました。

もちろんおかしなことをしているので、音が良いとかどうとかいう次元ではないけれど、ヴァイオリンから音が出てくるとなんだかちょっと安心します。

わたしは疲れているとかお腹が空いたとか、そういうことに鈍感で、調子を崩してから気が付くことがよくあります。眠たいのはよく分るけれど、それでもなかなか寝ないし。今回の不調もそういうことかなと思います。はっきりしない天気で体が熱いのか冷えているのか分らない。暖かいミントティーを作ってミルクを入れたら幸せな気分になりました。やっぱり冷えてたのか。(笑)


__ (5)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/779-e232f9fd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫