いろいろやっていました

 2017-06-20
あっと言う間に日が経ってしまいました。舞台の裏方の仕事やバレエストレッチサークルの練習日や、ヴァイオリンの体験練習の合間に、自分のヴァイオリンの練習も地道にやっています。いずれにしてもわたしが関わっているジャンルは、いつでもまあ似たような色合いです(笑)。

この間いろいろ感じることがありましたが、書きかけたまま途中までになり新鮮さが無くなったので、忘却録的にいくつか。

・バレエのバーレッスン中に「愛おしい」という気持ちが湧いてきた。
 (自分の姿にではなく。ヴァイオリン弾きながらそう思うこともある)

・自分を拡張し続けて部屋を満たす。
 (バレエの自主練で言った言葉。後からヴァイオリンも同じだ!と思った)

・クラシックというものに関わる限り技術の追求はついて回る。でも技術って何だろう?
 (コンテンポラリーダンスを観ながら)

・芸術作品は観る人の心を映し出す鏡のようなもの
 
こんな感じです。何かをしながらいつもこんなことばかり考えているのだなぁ(笑)。

ヴァイオリンの練習は、隙間の時間にかなり頑張ったのだけど、昨日ようやくクロイツェル33番が最後まで解読できました。ああ~、時間が掛かりました。でもイヤだとは思わず(思う曲もあるので…)、面白いなぁと感じながら進められました。面白いけれど、どうしても少しずつしか進まない。この曲は2人で弾けばよいのに~と思ったり。それじゃ重音の練習にならないけど。(笑)

解読は終わったけれど、弾けるようにはなっていません。そして肩と手の調子が思わしくない。んんん…、レッスンのある週の始めはいつもこんなふうに心配な気持ちになるなぁ…。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/777-dd03d120
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫