母と秩父へ

 2017-05-24
母と行く、割り勘秩父温泉旅行、第3弾です。
ちょうど一年前の5月に初めて母と旅行へ出かけました。母はとっても気に入って、その後半年に一度出かけることになりました。泊まるのはいつも同じ秩父柴原温泉のお宿です。

今回は三峯神社へ。秩父鉄道の終点三峰口からバスで70分、山奥の神社です。バスで山道のカーブを曲がるたびに満開のミツバツツジが何度も出迎えてくれて「うわぁ…」と嬉しくなりました。


__ 1 (2)

__ 2 (2)

__ 1

三峯神社は創建1900年の改修が行われたようで、どこも色鮮やかで豪華に見えました。秩父の山奥の神社の長い歴史はどんなものだったのだろう。今は神社ブームということもあり休日は混雑するようです。行ったのは平日だったのでそれほどでもなく良かった。

神社の入り口に「三峰ビジターセンター」という、秩父多摩甲斐国立公園の自然や歴史を学べる施設がありました。たくさんある動物の剥製に一斉に見つめられて…その配置のセンスが面白いやらドッキリするやら(笑)。また会いに行きたい(^^)。


温泉のお宿は3回とも同じお部屋をお願いし、なんだか自分たちの別荘のような気分になります。お食事は山の幸、今回は「またたびのお浸し」を初めて食べました。普通の青菜のようですが、ほんのりと山菜の香りがします。木の枝にネコがゴロゴロしてるのは見たことあるけれど、葉っぱでも喜ぶのかな?わたしには別に…(笑)。

__ 2



次の日は見ごろに少し早いけれど、皆野町の高原へポピーを見に行きました。「天空のポピー」という町興しの一環なのか、この時期だけ駅から無料シャトルバスが出ています。

__ (8)     __ 3


普段自撮りなどしないけれど、母と一緒の写真を撮ってみたかったので。無断掲載ゴメン。ひとりで撮ったらきっと硬直した顔になるだろうけれど、母と一緒だと平気みたいです。標高700メートルはそれなりに風も吹き、薄い花びらのポピーはぴらぴらとゆれていました。「別に自分の形をキレイに保とうなんて思わないの、風に吹かれて散って、また来年咲けば良いの~。」と、明るいあっけらかんとした印象でした。

温泉に行ったら元気になるかと思ったら、母の荷物を無意識に持ったりしたからか、肩や背中がバリバリのピキピキです。絶不調になってしまいました(笑)。そんなつもりじゃなかったけれど、母の前では「できる娘」でいたいと思っているのかも…。次回はまた秋に行く予定です。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/771-c9c58941
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫