バレエ教室ではできないことを

 2017-05-21
先日19日は、バレエストレッチサークルのレッスン日でした。バレエが全くはじめての方のご参加もあり、わたしを含め4名で楽しく少し汗もかきました。わたしはこのところ日常的にストレッチなどの準備はできておらす、でもそういう人が月に一度でも身体を伸ばしたりちょっと動いてみるという趣旨にはピッタリの状態でした。

以前バレエをやったことがある、やったことはないけれどバレエに興味がある、でも様々な理由でバレエ教室に通うのはちょっと…という人が気軽にバレエの雰囲気を楽しめる場があっても良いのではないかと思っています。わたしは今から足が開くようにとか、高く上がるようにとは思わないし、身体に負担の掛かる動きは避けたいけれど、音楽に呼吸を合わせて気持ちよく動きたいという理由から自分でレッスンをすることにしました。

バレエというのは西洋の伝統芸能です。バレエ教室はその型を正しく教えて鍛錬させるところかな。バレエ教室の先生としては今からその担い手になる予定の無い人に対しても、同じように教えるのがお役目かもしれません。

バレエをやるには、個人のバレエ教室やバレエ団組織下のバレエスクール、ダンススタジオのオープンクラス、カルチャーセンター、スポーツクラブなどの選択肢がありますが、基本的にはどこでもバレエの先生が基礎からきっちりと教えてくれると思います。わたしはバレエの先生でもないのに人を募ってレッスンを始めましたが、そういうバレエの先生たちには敬意を持っています。

自分はバレエに多面的に関わり、ヴァイオリンを習い始め、バレエの公演を初めての方にご案内したりして、バレエについてこれまでと違った視点を持つようになりました。バレエはなせバレエなのか。文化的な背景、他の踊りや体操との違い、音楽との関わりなど、自分の中で育ってきたものがあります。

自分と一緒にレッスンしに来てくださる人に、大人の文化活動的にそれを少しでも分かち合えたらなぁと思っています。脚は前、手は上に、顔は横に…というのではなく、どうしてそうするのかを自分なりの解釈を交えてやってみています。手の位置、脚の位置、顔の向きは個別のものではなく、動きの方向性から決まってくるもので、そこにバレエのエッセンスがあるのだと思います。他にも、こちら側のお客さんの視線を意識して…とか、こういう衣裳を着ていると思ってフワッと揺らして…とやらせてもらったら、皆さん、面白がってくれました♪


「バレエストレッチサークル」 今後の日程

6月 3日(土) 10時15分~11時40分 ※週末開催
6月16日(金) 13時15分~14時40分
7月14日(金) 13時15分~14時40分  各回ともスタジオには15分前より入れます

場 所   杉並公会堂地下1階 スタジオ D
       杉並公会堂アクセスはコチラ

参加費  1500円 当日お支払いください

ご参加方法 「お問合せフォーム」よりお申込みください。(参加日を「お問い合わせ内容欄」にご記入ください)続けてご参加の方はレッスンの際に「次回も行きます!」とお申し出下さい。

運動のできる服装、足元は厚手の靴下が良いです。必要に応じてタオル・飲物(フタのできる容器)などをご持参ください。出来る範囲で無理なく気持ちよく身体を動かすのが目的です。わたしの自主練も兼ねているので先生ではありませんが、旗振り役はします♪
興味ある方はご一緒にどうぞ。バレエをやったことがない人でも大丈夫です。一度だけのご参加も歓迎です。お気軽にいらしてください。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/770-6d806e0b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫