時間がないなりにも練習したら成果は出る

 2017-05-18
できない時には無理に練習をしないで臨んだ今日のレッスン、2巡目のクロイツェル14番と31番がなんとか終わりました。「お疲れのところ申し訳ないんですけれど、31番いいですか?(^^)」と先生が恐縮され、いえいえ、こちらこそ練習不足で申し訳ありません。

計画を立ててまんべんなく弾けるようにしていくことが苦手です。できないところをしつこく繰り返したくなり一昨日は14番だけ、昨日はたくさん練習したけれど31番だけで一日かかりました…。31番は音程が分りにくいのです。14番も結構難しかったのですが。

わたしは楽譜を見ても音が頭に浮かばないので、弾きながら正しい音程を確かめて覚えて(31番覚えにくいのです…)、それを何度やっても再現できるように…とやっていると、膨大な時間が掛かります。それをやっても数日開くと忘れてしまうのでまたやり直しです。以前一度やっているけれど音程の難しいところは全部覚え直し。音符の上に↓とか↑とか、たくさん書き込んで、グチャグチャになってしまいました。

時間が無いなりにも練習した成果はあったようで、「頑張って練習していただけたと思います。お疲れ様でした(^^)」と言ってくださいました。何箇所か音程行方不明になったし、途中で止まると次の音が分らなくなったりしましたが。でも1巡目の時は音程が終始行方不明ぽかったので(←これ、相当ダメです)、少し進歩したと思います。

「ツィゴイネルワイゼン」はひと通り譜読みが終わり、冒頭からです。わたしにとっては難しい曲なので文化活動的に…というつもりで始めましたが、やるからには自分のできる最善の演奏にしなくては。先生のお手本に聞き惚れて一瞬鑑賞モードになってしまいましたが、自分もそういう音で弾く!というつもりでやる。そういう気構えというのがわたしには足りないのですよ。それがあったらもっとそれっぽく聴こえるはずです。

今日もレッスンの前には数時間練習してちょっと疲れてしまったけれど、レッスンに行ったら元気になりました。気持ちもスッキリして、帰りに外へ出たら緑がきれいでした。


__ (6)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/769-1028b9e3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫