ただやりたいことを

 2017-05-06
お互いのやりたいことを実現させ合う仲のヒントラボのいとう明美さん、以前ちょっとヴァイオリンを触っていただいた時から楽器の響きに魅了されて、3月にヴァイオリン体験をしてくださいました。その後も定期的にヴァイオリンに触れていたいと、月に一度のペースで二人で練習しています。

ギターやウクレレのアンサンブルのご経験があり、ただ触るだけでなく弾いてみたいということで、わたしはヴァイオリンの先生ではないのでレッスンではないけれど、部活動の先輩のような立場で知っていることをお伝えして一緒に音を出しています。

これまでは鈴木の教本1巻の「きらきら星」を練習していましたが、昨日は明美さんが一枚の楽譜を持ってきました。「Seek Ye First」という賛美歌。練習の前日に参加された『奇跡の道』の訳者田中百合子さんのお話し会で歌ったものだそうです。わたしは日程の都合で行かれなかったのですが、百合子さん訳の『奇跡の道』でACIMを学んでおり、過去2回のお話し会には参加しました。

__ (4)


知らない曲でしたが、よく見てみると下のパートはG線の1stポジションだけで弾けて「きらきら星」よりも簡単です。明美さんは下のパート、わたしは上のパートを弾くことにして、しばらくの練習の後、合わせてみました。ギターやウクレレを弾いたことがあるとはいえ、ヴァイオリンを触って3回目で合奏ができるなんて、本当にすごい!時々音がちゃんと重なって響いていると感じるときもあって、幸せで嬉しい気持ちになりました。

百合子さんからいただいたこの曲は、ふたりにとってはとても嬉しいものです。百合子さんからというよりは神さまから届けられた練習課題のよう。ヴァイオリンを弾いてどうなるとかこの先どうするとか、そういうことよりも、ただ共に楽器を触って音を重ねて嬉しい時間を過ごすことはとても純粋な喜びのように感じられました。

このところヴァイオリンでも仕事でも、上手くできないことばかりに思えて久々のグルグルモード、心身ともにグッタリしてしまっていました。人と比べるのではなく、わたしができること、わたしがやりたいことをやる。気を散らして元気を失くすのではなく、そこだけをもっと真剣に考えていこうと改めて思いました。数日前には仕事もヴァイオリンも、先に全く道が無いような、足元に地面さえないように感じた瞬間があって怖くなったけれど(大げさなようだけどそう感じて驚いたのです)、昨日は気持ちがスッキリと整理されて「そんなの、これまでだってそうだったじゃない(笑)」と思えました。

今日もこれから出かけて、ゴールデンウイークの仕事もあと一息です。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/767-9e6a8c43
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫