アマチュアオーケストラとの仕事

 2017-04-24
バレエの裏方の仕事で、アマチュアオーケストラがオーケストラピットに入る会がありました。アマチュアオーケストラというとわたしには年配の方たちが思い浮かんだのですが、こちらのオケは20代くらいの若い人たちばかり。

下見のためのリハーサルでオケ練の録音音源を聞いた時は「ややや…?」と思いましたが、それは練習だからですね。劇場のゲネプロでは若干「ややや…?」でしたが、本番はそれとは見違えるような演奏でした。前日までお仕事や別のことで忙しい方たちが集まってのことなのだから、そうだよなぁと思います。思い出して調子が出るまでに少し時間がかかるのですね。

自分のことを考えたら、バレエ3幕分の曲を全部弾くなんて考えられません!とっても尊敬してしまう。でもそれとは別に、普段何度も聞いて知っているバレエの曲は、プロのオーケストラとの違いも本当に良く分ります。どの楽器もそうなのだろうとは思いますが、弦楽器は難しいのだなぁと改めて感じました。聞いて分ることと自分が弾けることはぜんぜん違って、わたしは自分のヴァイオリンのことを考えたら決して言える状況ではないのですが。

裏方のわたしはステマネの方に、チューニングや指揮者に出ていただくタイミングをお知らせしたりするのですが、そのポジションはプロの方が担っており普段と同じで大丈夫でした。楽器の運搬やピット内のセッティングはその方たちがしていましたが、朝からオケのメンバーさんも来て一緒に作業をしていました。みんなチームワークも良さそうで、なんだかいいな~とチラ見していました(笑)。

いつも何を見ても聞いても「ではわたしはどうするの?」と思います。聞いて感じたことを自分のこととして(今のわたしはぜんぜんあそこまで到達していないし)、練習しようと思います。同じ音を出すなら堂々と弾いたら良いのです。遠慮っぽく聞こえることが多かったので。←本当にコレは自分に思うことと同じでした。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/765-a644b685
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫