午前中にレッスンへ

 2017-04-12
ヴァイオリンのレッスンは大抵午後の時間にお願いしていますが、午後に予定が入ってしまったので空きのあった午前中一番のレッスンに変更していただきました。レッスンの前に朝から練習したけれど、出来ない&時間が足りない。昨夜はもう少しスラスラと弾けたような気がするのに、焦っているためか今までつっかえなかったところでつっかえます。(毎回同じことを書いていますが)

2巡目のクロイツェル12番と29番とツィゴイネルワイゼンの続きを見ていただきました。クロイツェルは音程が良くない、駒に弓が近付き過ぎると毎回言っていただいているのになかなか改善できません。ツィゴイネルワイゼンはまだ譜読みの途中です。こちらもなかなか進みません…。

でもヴァイオリンは好きだし、音を出していて嬉しいと感じることもあります。なんだかな~と思って練習が進まない時は良い音が出ていないとか音程が外れて音痴になっている時みたい。なんだかな~と思わないような音を出せは良いのだけど、それには練習が必要…というこの矛盾。

レッスンに向けて日にちをカウントダウンしながら緊張状態が高まって行き、今日はレッスンが終わったのはまだ午前中だったにもかかわらず、一日が終わったような気分になりました。そんなプレッシャーを感じても、レッスンへ行きたくないと思ったことはないんですよね。レッスンへ行かないと緊張状態から開放されないからかも。

半年に一度、楽器屋さんでヴァイオリンの点検と弓の毛替えをしてもらっています。そろそろその時期で、今回は12月に買った弓の毛替えをしてもらいたいと思うけれど、お願いしていいものかどうか先生に尋ねました。妹ちゃん(新入りヴァイオリン)を持って言った時に残念な気持ちになったことが心に残っていて…。

「弓の毛替えはどこで買ったものでも問題なくやってくれます(^^)。」ということなので、仕事先へ出かける前に楽器屋さんへ寄りました。問題なく何も言われず(笑)、お願いできました。今日は時間がなかったのでそのまま預けて、明日改めて受け取りに行きます。

弓とヴァイオリンを預けてきても、家に別の弓とヴァイオリンがあると思うとなんだかホッとします。今日は遅いのでもうやらないけれど、やらないとしても家に弾けるものがないのは落ち着かないだろうと思います。

今年は寒い日が多かったからか、長く桜が楽しめますね。日当たりによって咲き加減が変わるのか、家の近所のお寺の桜が丁度満開でした。

__.jpg


昼間はとても暖かかったので薄めの上着で出たら、夜の帰りには風が出て寒くなり雨まで降ってきました。うう~、油断してしまった。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/760-4821bb81
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫