良くないのは弓か楽器か、それともわたしか?

 2017-04-10
4月になり息子が社会人になって、生活のリズムが変わりました。これまでよりも生活時間帯が早くなり、ヴァイオリンの練習をしていた時間が夕ご飯の時間になってしまって、練習ができない日があったり。生活のリズムだけでなく、何だか気分も変わって、わたしはこんなに人の影響を受け易いのかと自分で驚いています。

ようやく時間の使い方が少し分かって、練習ができるようになりました。肩や手の調子は日によって色々ですが、ヴァイオリンは弾きやすくなってきているように思います。ヴィブラートは手首からのヴィブラートにすると決めたので、目標がはっきりして少し進歩したような気がします。(また気のせいかもしれないけれど、笑)

相棒くん(ヴァイオリン)は駒がデリケートなので、消音機を付けるのは妹ちゃん(新入りヴァイオリン)と決めています。でもいつもそれでは可愛そうだよなぁと、昼間に消音機をつけない状態で弾いてみたら、ん~、こんな感じだったっけ?あまり良い音がしていません。

いつも押さえつけられていたら機嫌も悪くなるよね…。しばらく弾いていたら音が出るようになったような気がしたけれど、次の日に駒を調整(?)したら、おお!開放弦で弾いたらよく響くようになりました!そこで練習中のクロイツェル29番を弾いたら、全然良くないです…。ヴァイオリンのせいではなくてわたしの問題ですね。29番は相棒くんでも良い音が出ません、笑。

それにしても音が出なさ過ぎなのでは?松ヤニがまた塗り足りないのか?今使っている松ヤニ(1月に買った)が合わないのか?弓がおかしいのか?毛替えをした方が良いのではないか?もう1本の弓で弾いてみたら毛の状態はこっちの方が良いかな、松ヤニが前のだからかも…。また、何が何だか分からなくなってきました。

おかしいかもと思った弓に、以前から使っている松ヤニを塗ったら、気のせいかもしれないけれど少し良いような気がして落ち着きました。ヴァイオリンや弓の状態が良いのか悪いのか、わたし自身の調子も良いか悪いか、自分の気持ちもなんだかなぁ~という調子で、今日もツラツラと取りとめのないお話しでした。

でも、ちょっと気力は戻って来ています。頭の中でクロイツェル29番がグルグル回っています。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/759-6cb919b0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫