善福寺川の桜を見に

 2017-04-08
6日木曜日、荻窪へ行ったついでに善福寺川の桜を見に出かけました。
お気に入りの大田黒公園(音楽評論家の大田黒元雄氏の屋敷跡地)にまず立ち寄りました。ここには大田黒氏のものだったスタインウェイ社のピアノ(1900年製)が展示されています。今回はお庭しか見ませんでしたが録音された音を聞くこともできます。心に沁みる音がします。

回遊式日本庭園には山桜が少しありますが、これはボケの花。

__ (5)

ここには八重桜がたくさんあり、4月下旬が見ごろのようです。また行こうと思います。

善福寺川への途中に角川庭園(角川書店の創設者である故角川源義(げんよし)氏の旧邸宅)があるのでそこものぞいてみました。こじんまりとしたお庭に小さな花がたくさん咲いていて、水琴窟がありました!初めて見た&聞いた!風が強く、その音に負けて小さくしか聴こえなかったのですが、不思議な気持ちにさせてくれる音です。静かな日にもう一度行ってみます。

__ (4)

善福寺川の桜は久しぶりでした。
息子が小さい時には一緒に出かけてお花見したり、少年野球をしていた頃には近くのグラウンドにも良く試合に来ていたのですが、最近は足が遠のいていました。

__ (6)   __ (3)

川の両側にある桜が何処までも続くトンネルのよう。平日というのもありますが、人もそれほど多くなくのんびりとした雰囲気です。わたしのように川沿いを歩く人、座って眺める人、お弁当を食べている人、バス停の近くではお花見の宴会グループも少しいました。

善福寺川は神田川の支流で、コンクリート護岸ですが水はきれいで魚も鳥も見られます。カモもいましたがこんな鳥がいました!

__ (2)

「写真撮ってもいい?」とつぶやいて(鳥には聴こえない距離ですが)撮らせてもらいました。撮り終わったら川の中ほどに歩いていって川の中に頭を突っ込んで、なんと魚を取って食べるのを見せてくれました!あっという間のできごとでよく分らなかったけれど。この鳥、後で写真を見て調べたら、アオサギなのでは?けっこう大きくて立派でした。

家の前まで帰れるバスもありますが、そのまま高円寺の自宅まで歩きました。歩くのも自転車も好きです。最初は自転車にしようかとも考えたのですが、歩きの方が自由度が高くてのんびりできて良かったです。

リハビリの成果がようやく出てきたようで、肩も左手も少し調子が良くなってきました。この前まで何となくやる気が落ちていたのは調子が悪かったからだったみたい。いつも悪い時には自覚がなく、良くなってきてからそれに気がつきます。歩くのは調子悪くなっていなかったと自分では思っているけれど、どうだったのかな?(笑)



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/758-19851798
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫