仕事で感じることいろいろ

 2017-03-27
久しぶりに週末に泊りがけで舞台の裏方の仕事に行き、今日はくたびれてボーっとしています。バレエの発表会の仕事でした。発表会というのはバレエを職業としている人(教える、踊る仕事)と、将来職業とするかもしれない生徒さんや楽しみのためにバレエを習っている生徒さんなどが関わっています。そういう場にいると、いろいろ思うことや感じることがあります。

自分もこれまでいろいろな立場でこういう場を経験しているし、ヴァイオリンでは大人から始めた初心者でもあります。バレエを大人から始めたであろう方たちを見ると、「ああ、わたしもこんなふうに見えるのだろうな。」と思います。この人たちがここまで踊れるようになるにはどれだけの苦労があっただろうか。自分がヴァイオリンを思うように弾けないことや、また少し身体を動かしてバレエのようなことをしてみたら全然身体が動かないこともあり、改めてそう思うようになりました。

一方で、一流のバレエダンサーである方のお話を聞く機会もあります。「稽古で100%、120%を出してやる。それを続けていかなければ上達はない。」自分に厳しくそれを続けている方でも、歳とともに肉体は少しづつ下りに入り、それを緩やかにすることはできてもやはり下り坂にはなっていきます。

いろいろなことを感じるといつも、「では、わたしはどうするの?」と思う。誰に何も言われていないけれど、何を見ても何を聞いてもそう思う。でもわたしには、その時の自分ができる最善の練習、演奏をやること以外に、どうもできません(笑)。身体と気持ちを苦しめないところで、その日・その時のわたしにできる最大限のことをやり続ける。実際にはそれもやれていないな…。

わたしの舞台の仕事は、出演者・大道具・小道具・照明・音響といったパートの間を埋めてつなげるような役割で、何をやっているのか説明が難しいです。誰もが困らないようにする役割かな?今回は精神的なストレスは全くなかったけれど、何度も階段を上り下りして疲れました(笑)。

劇場の翌日は甘いものが食べたくなり、今日出先でいただいたドラ焼きがとても美味しかった。調子に乗って抹茶パフェを買って帰ってきました。ぼーっとしていたはずが、ヴァイオリンの練習を始めたら何だか元気になりました!音楽をやるとエネルギーの自家発電が起きるような感じです。久しぶりにそれが実感できました。


__ (3)

先月我が家にやってきたミニバラに新しい花が咲きました。



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/755-0101f8fc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫