スティーヴ・ジョブズさんが旅立って

 2011-10-10
スティーヴ・ジョブズさんが亡くなったのを知った翌日、彼の伝説のスピーチを再び見ました。
初めて見たのは去年の2月。心に響くものがあり、泣きながら見たのを覚えています。

スティーヴ・ジョブズの伝説のスピーチ(1)
スティーヴ・ジョブズの伝説のスピーチ(2)

あれから家のことや仕事のこと、わたしにとって大きな転機がありました。
以前見た時と同じように、わたしにとって「素晴らしいと信じる仕事」が何なのか、
今でも良く分かっていません。
たくさんの点があちこちに散らばっているけれど、全く繋がり始めているようにも思えていません。
ただ、好きなことに情熱を傾けること、止まらずに探し続けること、
自分の心や直感に従う勇気を持つことは、少しづつでもできてきていると実感しています。 

「仕事」ということについて、舞台の仕事を少し手伝っても、今後こうしていきたいという方向性はなく、
「この先、どうしていくつもりなのか?」とまた自我先生に突っ込まれて、数日間落ち込んでいましたが、
働いて報酬をいただく、という意味での仕事ではなくて、
わたしの人生を費やして実現していこうとすることが、大きな意味での仕事だとするなら、
自分の可能性を信じること、好きなことを真剣に楽しむこと、
楽しいこと、嬉しいことを誰かと分かち合うこと、
心配しなくても全部天に任せておけばきっとうまくいくと思い続けることが、
わたしの仕事なのかもしれないと思うことにします。

「Stay hungry,stay foolish.」
こんなこと思っているわたしは、Foolish という点ではかなりな自信があります(^^;)
ジョブズさん、あちらで人生を振り返り、何を思っているでしょうか?
今のわたし、ここでは自分のやっていることがメチャクチャなようでわけがわかっていないけれど、
やがてその時がきたら、「う~ん、なるほど…」と合点がいくことを信じています。
「うん、そうだね~、頑張って!」と彼に言われた気がする。(なぜか日本語、爆)
ありがとう!はい、頑張ります!!


関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/75-31d0b38f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫