ヴァイオリン体験会

 2017-03-15
今日はヴァイオリン体験会でした。


__ 2 (2)


ソプラノサックスを吹く知人が来てくださいました!せっかくなのでそのサックスと一緒に来ていただきました。この金管楽器のピカピカ光る姿はテンション上がりますね!(すぐ磨くことを考えてしまいます、笑)


__ 1 (2)  そしてケースがカッコいい!


今まで弦楽器は触ったことがなくヴァイオリンとは縁が無かったとのことですが、楽しみにしていて下さったそうで、とても嬉しいです。ヴァイオリンを持ってもらったら「思ったよりも軽い~」と驚かれました。新しい楽器はもう少し重たいと思いますが、妹ちゃんも130歳くらいで木の水分が減っているのと、板が薄い楽器なので軽いです。相棒くんのほうが年上だけれどちょっと重たい。こちらも持ってもらい「あ~、ほんとだ。」と実感してもらいました。アゴ当ての重さが違うというのもあると思います。

持ってもらったついでに楽器の構造(と言ってもシンプルだけど)をお話しして、楽器を構えてもらいました。ん~、なかなか落ち着く場所が見つからない…。肩幅や首の長さなど、人それぞれに違うのだということが改めて分りました。

その後は弓を持ってもらってしばらく開放弦を弾いて、少しだけ左手で弦を押さえて音の高さを変えて弾いて…。左手で楽器を支えつつ指を動かすというのはとっても難しいですね。自分は今では慣れてきましたが、そういえばわたしも最初は大変でした。

その後、お互いになぜ楽器をやろうと思ったのかとか、これからどんな音楽をやりたいかなど、たくさんお話しをしました。耳コピ派の二人なのでとってもお話しが合いますよ。そして、あ~、わたしもやっぱりヴァイオリンをもっと上手になりたいな~と思いました。

で、おねだりして、持ってきてくださったサックスの音を聞かせてもらいました。リードを付けるのも見せてもらいました。サックスは甘い響きがします~。何がどう甘いのかは上手く説明できないけれど。その様子を見ていたら、いやいや、管楽器は難しそうです。

わたしだったら息が足りなくて「カフッ…」という音しか出ないんじゃ?「吹いてみますか?」と言ってもらったけれど、ちょっと前に家でリコーダー吹いて「無理…」と思ったことがあったのでご遠慮しました。管楽器は練習に体育会的な訓練の要素がありそうです。まずは基礎体力?大きな音が出るのはそれなりのことをしているからですね。

自分が普段触っているものはだんだん当たり前になっていきますが、違う楽器を触ったり見たりすると、お互いに自分はなかなか難しいことをやっているのだと気がつきます。楽器に限らず、仕事でも、勉強でも、日常の事でも、人それぞれに自分では当たり前になってしまっていて気がつかない技を持っているのかもしれません。

ヴァイオリン体験に加えて、大事な楽器を持てきてくださって、ありがとうございました。体験会は終わりましたが個人のヴァイオリン体験は受付中です。ご興味のある方はどうぞ! → 「誰でもヴァイオリン体験」



関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://enjoy484.blog79.fc2.com/tb.php/749-325615b2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫